Atonomi(アトノミ)についてはシステムがちょっと難しく感じるかもしれません。
出来るだけわかりやすく解析してみました。

★動画でのご視聴はこちらです。

Atonomi(アトノミ)はどんな仮想通貨?

Atonomi(アトノミ)はIoTデバイスにさらなるセキュリティーレベルをもたらす為のモデルです。
IoT(インターネットオブシングス)とは、あらゆるものがインターネットに繋がっていくという意味です。

医療の分野ではいま現状、着用型のウェアラブルデバイスですね。
腕につけて、自分の健康状態を常にネット上で管理し続けたりできます。
とても身近すぎてあまり気付かない事が多いです。

IoT×ブロックチェーンという事でセキュリティーレベルが向上したIoTという認識で良いかと思います。

Atonomi(アトノミ)は、どんなケースで使われるのか?

ではAtonomi(アトノミ)はどのようなケースで使われるのでしょうか。

一つ一つ分析してきます。

①健康管理に使われる

ケースとして、医療の現場で使われます。高セキュリティの状態で、患者の状態を把握し続け、自動的に必要なものを再注文します。

例えば、医療の提供者は、「病院・自宅でIoTデバイスを保護」するためにAtonomi Networkを使います。

心臓のモニター、インスリンのポンプ、また他のデバイスも家庭~クリニックまで繋がり続けています。
在庫センサーも付けられてあり「電子管理された健康記録、手術のスケジュール、
そして過去のERニーズ(救急救命ニーズ)に従って、タイプ別の血液を自発的に再注文することができます。

②スマートホーム

住宅の所有者が「Atonomi(アトノミ)トークン」で家を守る例です。
消費者は家庭用の機器を「Atonomiネットワーク」に登録できます。

家庭内のデバイスに「デバイスIDが検証」された場合、セキュリティが強固になります。
登録されたIoTデバイスは、スマートサーモスタットのように、電気代一番安いプロバイダーから自動的に、そして安全に購入してくれます。

グーグルが買収したNestのスマートサーモスタットでは「温度の自動調節」などが行われるようになっているそうです。

③産業用のIoT

メーカーはAtonomi Networkを使って新しいIoTデバイスを作り出します。

作られたIoTデバイスはAtonomiネットワークに登録されます。
ネットワークに登録されたデバイスは、他のデバイスと安全にやりとりし、
予想できないデバイスのセキュリティリスクを未然に防ぎます。

④市町村が使う場合のIoT

市町村がIoT機器を連携させ、市、町、村、全体の運営をしやすくする事ができるようになります。
Atonomiのネットワークで保護されたIoTデバイスは、大規模なデータと機械の自動学習を組み合わせる事ができます。

街の電灯が消えている場合は自動で再発注、お知らせをくれたりする仕組みのようです。
これにより、混雑、汚染を減らしより住みよい社会になっていく仕組みです。

Atonomi(アトノミ)のICOは?

まだ詳しい情報が出ておりません。分かり次第、また更新します。

ヒラタニトレードジャッジ

Atonomi(アトノミ)のIoTシステムは面白いと思います。しかしながら、まだ情報がはっきりとわからない部分もあります。
その辺がもっと詳しく出てきたら、投資するかどうかの判断はできそうですが、今のところ個人的には判断できかねます。