【Befund(ビーファウンド)ICO】仮想通貨BFDTトークンの将来性・上場

Befund(ビーファウンド)はICO精査会社「ICOBoxにより詐欺ではないというお墨付き」ICO案件です。
テレグラムにもすでに8万人の参加者がいますので、ソーシャルとしても強いのかなといった印象です。

安心して投資できる可能性が高いです。

★動画でのご試聴はこちらです。

Befund(ビーファウンド)はどんな仮想通貨?

Befund(ビーファウンド)は分散型、仮想通貨ファウンドサービスプラットフォームです。

ICO投資の人気は凄いのですが「投資は自己責任」というのが今の現状です。
そもそも投資は自己責任なのですが「書い手の負担が大きい・リスクが大きい」と言っても過言ではありません。

ビーファウンドは、ファウンフド関係のスペシャリストが集まり、
少しでもリスクの低い投資に変えようというのが目的のプラットフォームです。

仮想通貨ウォレットを含むSaaSツールプラットフォーム 、プラットフォームのサブスクリプションや投資管理ツール。
清算の援助や、独自の仮想通貨トークンの発行を希望する人向けのファンドマネージャーへの対応も計画されております。

プラットフォーム上では主に、以下のような事が可能です。

  • 法律におけるリスクの軽減。
  • ICO詐欺などを撲滅。
  • 投資家の為のプロジェクト査定機能。
  • ICO参加コストを軽減します。ファンド側は大きな資金を集められるのでICO参加に0~10%の割引をする事が可能です。つまりICO販売代理店による仲介手数料が高い事などの問題も、このプラットフォーム一つで解決される事となります。
  • ICOをしている中小企業へ専門知識での適切なアドバイス。プロジェクトを支援し投資リスクを軽減していきます。
  • BFDTトークンを使う事でのSaaSツールの使用。

詐欺撲滅、ICO精査、ICO参加費の負担を軽減、プロジェクトにアドバイスや応援をする事により、一般の投資家へのリスクを軽減するといった内容です。
主に投資家保護の為のプロジェクトと言っても良さそうです。

1回KYC(本人確認)する事で多くのプロジェクトに参加できるようなシステムになっているかと思います。
※翻訳に語弊があったら申し訳ありません。

Befund(ビーファウンド)のロードマップ

Befund(ビーファウンド)のBFDChainは、Ethereumをベースです。
資金調達したイーサリアムはBefundとBFDChainの開発、テスト、製造専用などに使われる予定です。

  • 2017年7月/プロジェクトチームの構築。
  • 2017年10月/ホワイトペーパーの準備を開始。
  • 2018年6月/ファンドサービスプラットフォームのBefund.io V0.1バージョンを公開。
  • 2018年8月/Befund(ビーファウンド)特別ウォレットの開発開始。
  • 2018年12月/BFDChain、バージョンV0.1の完成、内部測定。
  • 2019年6月/Githubのオープンソースとソースコード発行。

仮想通貨BFDTトークン

BFDTトークンはBefundのプラットフォーム上トークンです。
BFDTを保有する人のみプラットフォームにアクセス可能です。

恐らくBFDTトークンを多く保有すればするほど先行して、優良ICOに参加できるシステムです。

Befund(ビーファウンド)のチームメンバー

Befundのチームメンバーをご紹介させていただきます。
マーケティングとしても魅力的なメンバーで構成されております。

最高経営責任者のWinston Zhang(ウィンストンジハング)さん

コンピュータサイエンスとベンチャー投資産業にて20年を超える経験を持っています。
IBM、Oracle、i2などを含む数多くの大企業で管理役員として働いていました。

インターネット、バンキングなど金融産業のコネクトを担いながらブロックチェーンやAIの研究を中心に行っています。
大企業での経験を持っているウィンストンさんのプロジェクトという事で、これからの発展に期待が持てますね。

テクノロジー担当のHongさん

ソフトウェア開発の経験があります。Web&Mobileで10年ほどチーム管理や開発を行っていました。火星ベンチャーでもCTOとして働いた経験があります。

資金部門のディレクターのライアンさんは、米国のミシガン州立大学を卒業。金融会社にて7年の経験があります。
証券リスクの金融アナリストであり、世界的に有名な証券会社でもプロダクトマネージャーとして活躍しました。

コンサルティングのMclaganさん

彼の顧客は「モルガン・スタンレー、JPモーガン、アメリカ銀行」などです。
ドイツ銀行などでリスクコントロール、分析、製品の取り扱い。
株式投資や資金調達のプロセス、資金運用・管理において豊富な経験があります。

その他、メンバー

海外活動のディレクターのハリールリンさんは、ブロックチェーンや法律に関する研究を行っています。
米国のメディアでも出版されています。

ビジネスディレクターのパトリックさんは、ニュージャージー州立大学を卒業。ニューヨーク大学、連邦での勤務を経て「分析、データモデリング、リスク解析」を得意としています。

ブロックチェーンエンジニアのジョンコスタさんは「アプリケーションの開発」にも従事しています。

中国事業部長のルーさんは、Beicoの元副社長、ベンチャー・キャピタル投資のスポンサーです。
彼は最高経営執行者と共同設立者として任命されました。金融産業でヘッドハンティングを行い、多くの金融会社の資金調達を手助けしました。

 

ヒラタニトレードジャッジ

ビーファウンドのポイントは以下のようになります。

  • テレグラムにはすでに8万人ほどの参加者いる点
  • ICOBoxにより詐欺ではないというお墨付きである点。
  • Winston Zhang(ウィンストンジハング)さんは、コンピュータサイエンスとベンチャー投資産業にて20年を超える経験を持っていて、IBM、Oracle、i2などを含む数多くの大企業で管理役員として働ていた点。
  • コンサルティングのMclaganさんは「モルガン・スタンレー、JPモーガン、アメリカ銀行」で働いていた点。
  • BFDTトークン保有量を増やす事により、良質なICO案件に先行して参加できる点。
  • ICO仲介代理店を通さず最大10%OFFでトークン購入が可能な点。

ベンチャーキャピタルのプロ集団が手助けをしてくれるプラットフォームです。
いま現状、非常にリスクが高い事が多いので、こういったプラットフォームは、かなり役に立つのではないかと思います。
ICOBOXより「詐欺ではない」とお墨付きがありますので、かなりリスク低い投資が出来るかと思いますので、興味ある方は投資されてみても面白いかもしれません。

公式サイト:https://befund.io/