【BEXAM】BXAトークンに超期待!ハイブリッド分散取引所BEXAMがアツい!エアードロップ・将来性

今回は、Block Co+ Asia Conference Tokyoでもブース出展していました「BEXAM仮想通貨取引所」について書かせて頂きます。
プログラマーである「山本 浩貴」さんから直接、話を伺う事ができました。覚えている範囲で説明させていただきますね。

ハイブリッド分散取引所BEXAMとは?

 

仮想通貨取引所にハイブリットってどういう意味?と思われるかもしれません。
これは分散型取引所と中央集権取引所のいいところを掛け合わせたという意味のようです。

「管理サーバーを分散させ、ハッキングリスクを下げる」という事のようです。
また分散型取引所の弱点は「スピードが遅い」事でしたが、ハイブリットさせる事で解決しているようです。

簡単に言うと今までの取引所よりもセキュリティが高く、しかも早いというのがBEXAMです。

BEXAMは3段階セキュリティー!

図解を見てもなかなか・・・という方の為にもっと簡潔に説明させていただきますね。
BEXAMは3段階のセキュリティで作られています。

  • ①ハッキングに必要な「ウォレットノード」というものを偽造する為、発見しにくい。
  • ②ウォレットのノードを発見したとしても外部からのアクセスを完全拒否。IPアドレスがわからない。
  • ③万が一プロキシIPにアクセスされたとしても外部からのアクセスを拒否するため攻撃が出来ない。

これによりサーバーの特定がかなり難しくなっているという事ですね。

分散取引所なのに高速取引が可能!

BEXAMはこれまでの分散型取引所とは違い高速取引が可能です。
それはBEXのブロックチェーンシステムに理由があります。

ETH、EOSのブロックチェーンはブロックに追記するスピードが遅いです。
これは「PoWやDPoSの合意形成アルゴリズム」である事が理由のようです。

しかしBEXのブロックチェーンは「マッチング機能に特化した独自の合意形成アルゴリズム」で作られている為、ブロックへの追記スピードが速いという事です。

円形にネットワーク構造を広げる事で、同期の時間を一定化させ、高速化させるという事です。
このあたりはプログラマーさんにしか分からないかもしれませんね。

BXAトークン保有のメリット

BXAトークンを保有する事で、取引手数料が50%OFFになります。

  • 通常の取引手数料率:0.1%
  • BXAトークン所有の場合:0.05% ※50%OFF

マスターノードの報酬が欲しい人・値上がりを期待している人は、取引時BXAトークンを使うか使わないかも選択可能です。

取り扱い予定の通貨

主要通貨、ほか30種類を追加していく予定のようです。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • モネロ(XMR)
  • ゼットキャッシュ(ZEC)
  • ネム(NEM)
  • ライトコイン(LTC)

ノードオーナープログラムで報酬を得られる!

BXAトークンを購入数の割合により、マスターノード・スーパーノードのプログラムに参加できるようです。
取引総額に応じた報酬をリアルタイムで永久に得られるシステムです。

  • マスターノード条件:50万BEXAMロックアップ
  • スーパーノード条件:10万BEXAMロックアップ

取引手数料報酬はBXAトークンで支払われるとの事です。

  • マスターノード料金としての年間利率:15〜20%
  • スーパーノード補償としての年間利率:3〜5%

BEXAMのSNS一覧です。

  • https://twitter.com/BEXAM_official
  • https://www.facebook.com/BEXAMofficial/
  • https://discord.gg/5kcKEA
  • https://t.me/bexamofficial

ヒラタニジャッジ

今はやりの報酬プログラムも導入していて、新しいタイプの分散型取引所というのもあり、期待できるのではないでしょうか。
私もマスターノードになってみたいです。

エアードロッププログラムも予定しているようですので、始まったら追記させていただきますね。

BEXAM公式サイト:http://bexam.io/