Blocklancer(ブロックランサー)は、個人的にかなり興味を惹かれた通貨です。

★動画でのご視聴はこちらです。

Blocklancer(ブロックランサー)はどんな仮想通貨?

Blocklancer(ブロックランサー)は、オンラインの仕事の為のブロックチェーンプラットフォームです。
日本のプラットフォームで言う、クラウドワークスに近いです。

低い手数料、ブロックチェーンにより信頼感も増しクライアント・フリーランサー両方にとって、Win-Winのサービスとなりますね。

 

詐欺も横行している業界ですので、撲滅にも繋がりそうです。

Blocklancer(ブロックランサー)でできる事。

 

Blocklancer(ブロックランサー)は主に、オンライン上の仕事の依頼ができます。
記事を依頼したり、ホームページ制作の依頼をしたり、ウェブに関するほとんどの事が依頼できる仕組みになるかと思います。

今までにあったプラットフォームとの違いは、トークンホルダー(投資家)が、フリーランスとクライアントの「もめ事の解決に参加する権利」があるという所です。

また仕事に関するしっかりとした評価を第三者の目で行った人にはイーサリアムでの報酬も入ります。

こういった事を繰り返す事で将来的に、仕事に関する不正自体が無くなっていく、よりクリーンなオンラインジョブプラットフォームが完成する仕組みとなります。

フェイクレビュー対策・支払い保証など。

オンラインでの仕事依頼には、詐欺やフェイクレビューへの不安がつきものです。
Blocklancer(ブロックランサー)では、どんな対策が行われているのでしょうか。

ブロックランサーのプラットフォームでは、完全に満足のいく結果となった場合のみ、クライアントへの支払い請求が義務付けられております。

もめ事のような事があった時には、多くの投資家(トークンホルダー)で話し合い、最終的な判断を決められます。

これにより、運営側の勝手な判断により、結果が出るというような事がなくなります。

フェイクレビューのような事も無くなりますので安心して依頼できますね。

また仕事の検疫がありませんので、仕事を依頼する側にとってもかなり自由度が増します。

今までは運営の都合で削除されていた事も多かったです。

LNCトークンのまとめ


Blocklancer(ブロックランサー)上での仕事が終わった時に発生した手数料は、もめ事などの解決に参加したトークンホルダーにイーサリアムとして報酬が支払われる事になります。

また、トークンホルダーにはプレミアム制度の利用権もあります。

良い仕事のオファーを早く知る為の情報や、より詳細なプロフィールの統計機能などが使えるようになります。より快適に使えるようになる仕組みです。

このプラットフォームは「トークン・ホルダー・トリビューナル (THT)」が主な基盤となりますね。

ヒラタニトレードジャッジ

システムとしては、本当に面白いと思います。推しはのポイントはTHTですね。
争いごとなどが起きた場合に、多くの人で協議し、協議した人にイーサリアムとして報酬が支払われるシステムは、ブロックチェーンさながらです。

ブロックチェーン上に乗る事になるので、改ざんが出来ません。また新規アカウント・追加アカウント・偽アカウントというのもよく作れても3つくらいでしょう。

仕事も手抜きをするわけにも行かなくなります。

あとはマーケティングがどのように行われていくのかが、投資家にとっては重要なポイントかもしれませんね。