Brahma OS(ブラフマ)は人気通貨です。
ちょっと難しく感じるかもしれませんが、かみ砕いて書かせて頂きますね。

★動画でのご視聴はこちらです。

Brahma OS(ブラフマ)はどんな仮想通貨?

Brahma OS(ブラフマ)は非中央集権のオペレーティングシステムです。
ユーザーが安全・そして簡単にブロックチェーンと、アプリケーションサービスにアクセスできるようにします。

簡単に説明致しますと「ブロックチェーンでセキュリティ強化されたOS」といった所です。
データを分散して保存する事により、セキュリティのレベルを極力高めていき、万が一の事があっても簡単に復活・再生ができるようになっています。

今までの「iOS」、「Android OS」と違い、Brahma OS(ブラフマ)は中央管理ではない為、データ保存により強くなっています。

Brahma OS(ブラフマ)のプライバシー保護

Brahma OS(ブラフマ)を使う時、データが意図的か不注意で作成されるかを判断し、それを判断する事よりデータとしての価値が生まれます。

その為に人工知能分析でファクチュアルデータと呼ばれるものを作り出します。
同じファクチュアルデータを使う事で、アルゴリズムが最適化され、違うユーザーポートレイトを作り出す事ができます。

また、オンラインショッピング広告、音声認識など、すべての個人的サービスは、ユーザーのファクチュアルデータによって作られたユーザーポートレートに依存します。
何十億人ものファクチュアルデータが、FacebookやGoogleのような商業を生み出します。

中央集権型のFacebookやGoogleなどでは、ファクチュアルデータを中央集権サービスに提供する事で収益を得る事は出来ません。
しかも、データは転売する事で中央集権の提供側の報酬になります。

つまり個人は報酬無しで個人データを提供し、収益も貰わず、商業の役に立っているとも言い換えられます。

ブラフマではこういった事がないようにOSのプライバシーされ、ユーザーのプライバシーデータを盗んだり悪用・転売したりする事を難しくします。

分散型ストレージ

ほとんどのOSはクラウドストレージ機能を使っています。
他のユーザーが同じデーターにアクセスする場合は、アカウントにログインします。

このクラウドストレージ機能は、とても便利ですがそれと引き換えに、個人データのセキュリティに少なからず問題を起こす事があります。

例えば「Dropbox」は個人データの損失・漏洩があります。
有名人のヌード写真も、ハッカーがiCloudアカウントを攻撃した時に漏洩したという事があります。
今ある中央集権型のクラウドストレージサービスは、セキュリティの問題が分かるまで時間がかかります。
つまり、こういったリスクは避けられません。

ブロックチェーンでのストレージは、設計上、このリスクを予め回避します。
ストレージサービスを生み出す時、Brahma OS(ブラフマ)は分散型Webサービスを使います。

Brahma OS(ブラフマ)の上場先は?

DDEXに上場しています。上場後は売り板、買い板、ボリュームも厚く人気度が分かりますね。
ICOの段階で購入されていた方は、かなりの利益が出たのではないでしょうか。

今後の展開も楽しみです。

ヒラタニトレードジャッジ

まとめとしては、以下のようなイメージです。

  • 中央集権システムではシステム上のセキュリティリスクが存在する為、Brahma OS(ブラフマ)で解決。
  • クラウドストレージサービスプロバイダはID情報を共有しない。
  • 個人データが転売されるのを未然に防ぐことが出来る。

OSを生み出すというコンセプトがとても面白いと感じました。

どの辺から買いに入るか…ですがやはり、仮想通貨市場が全体的に下げた時でしょうか。
底値を判断したい所です。