これもなかな人気に仮想通貨です。
BUNNYトークンについて書かせて頂きます。

★動画でのご視聴はこちらより

BUNNYトークンはどんな仮想通貨?

BUNNYトークンはブロックチェーンを使う事で、オンラインエンターテインメントの標準決済ソリューションを目指します。

ブロックチェーンを使うと今までよりも自由な決済が可能になります。

印刷物、テレビ、インターネットなど、歴史的に成功しているあらゆるメディアに不可欠な部分です。
市場規模は1030億ドルの市場が新しい人生を変える動きの激しさにあると信じています。

BunnyTokenのビジョン

BunnyToken(バニートークン)は成人向けの産業からインスピレーションを受けたプロジェクトです。

BunnyToken(バニートークン)のビジョンとしては「成人市場の統一」を目指していきます。全ての取引をバニートークンで行えるようにといったイメージでしょうか。

成人産業は、1740年代から小説という形でスタートしました。
そこから成人向け映画が作られてきました。

インターネットの普及により、成人向け市場は大きく変化し「成人向けライブスチャット」、「成人向けウェブサイト」などができ、ウェブサイトは全体のスペース37%を占めております。

無料のコンテンツ除いて、成人向けの市場は数十億ドルです。

今は映画制作、販売する大手制作会社も、高品質の有料アダルトコンテンツを提供するウェブサイト、有料のライブチャット、オンライン成人向けショップ、デート系のウェブサイト・アプリなども手がけております。

成人向けの業界が、大きな利益を出している事はあまり知られていません。

2017年のTopTenREVIEWSレポート(国際機関の報告書メディア)では、業界は毎年9億9000万ドルの価値があると評価されています。

大人の産業には、フリースピーチ連合(FSC)と呼ばれる独自の組合もあります。成人映画協会(AFAA)が先行しているのが現状です。

BunnyToken(バニートークン)はこの市場に参入し、トークンを使う事で成人企業・消費者がより安全性高くアクセスしやすいものしていきます。

成人業界の決済に残る痕跡

BunnyToken(バニートークン)が決済に使われる事になるメリットに匿名性が挙げられます。

例えばオンラインで成人向けの動画を購入した場合、クレジット決済などを行う事になるのが一般的ですが、名前などの痕跡が残る為、いやがる人も少なくありまsねん。

またオンライン成人向けショップでも同じ事が言えます。
オフラインのショップには防止やサングラスを付ける事である程度、隠す事も可能ですが、オンラインではそうは行きません。

支払いに対しての匿名性がある事は、成人向け業界でメリットの1つです。

BunnyTokenを使う事で、個人的な詳細は家族や友人、提供者にさらされる事から避ける事ができます。

また、BunnyTokenでアダルト関連のコンテンツを購入する費用は低価格となり、企業側も安価に製品やサービスを販売できるようになります。

BunnyToken(バニートークン)のICO

BunnyToken(バニートークン)のICOは3月13日~5月25日まで開催されております。

10000バニートークン=0.90ETHからのスタートで、トークンの価格は1日1%上昇します。(1バニー=0.000100 ETH)

バニートークンは公式サイトによるとICO終了後に上場予定のようです。

ヒラタニトレードジャッジ

BunnyToken(バニートークン)のチーム内にTwitterフォロワー12万人の「Nataly Gold(ナタリーゴールド)」、XVIDEOS.COMなどに出演しているTwitter6万人フォロワー「Kira Queen(キラクイーン)」、Twitterフォロワー8万人の「カトリンテキーラ」、Twitterフォロワー2万人の「エヴァバーガー」が居ます。

市場への拡散力は強そうです。世界の女優も視野に入れていくとさらに伸びそうな通貨ですね。

これも腐らない業界ですので期待できそうですが、私は今のところ、上場してプロジェクトを静観してみたいと思います。