まずはアフィリエイトの事から…

3時間で書いた記事から12000円の報酬が発生していました。

このブログで去年の11月頃に書いたボスティ(筋トレ系)の紹介記事から12000円の報酬が発生していました。

書いた時間は約3時間。集客先はサーチエンジン。後は放置です。

放置していて報酬は今まで発生していなかったものの時給にすると4000円にもなります。

グーグルの機嫌にもよりますが、これから半永久的に集客してくれると考えると時給はかなり高いものとなるでしょう。

このような雑記ブログでもポテンシャルの高さが凄いですよね。

お金だけじゃない。ブランディングにもなるのがブログ。

私はもうクセのようにブログを書いていますが、オウンドメディアと呼ばれるこのブログはブランディングにも使えます。

『自分(会社)がどう見られたいか』を考えながら書くことで見てもらいたいなりの印象を持ってもらえます。

ブログは履歴書にもなる

ブランディングと似ていますが、将来的に履歴書にもなると言われているのが個人ブログです。

私が会社を立ち上げるならば最初に『履歴書よりも個人運営のブログを持っている人』を優先雇用します。

たった1枚の紙から解るのは性格ではないからです。

さらに個人運営ブログが一般的に面接に使われるようになった頃には、その採用の仕方はもう遅いと考えます。

なぜなら定型文的なブログや、高い外注を雇い良質な記事を予め用意しておくことも一般的に知られるからです。

そうなった頃にはブログにも採用者の見る目が必要になってくるでしょう。

もちろん最終的な判断は面接が好ましいと言えますがね^_^

暇な時間を有効活用

人を待ってる時って暇じゃないですか?

その時にマンガを読むのもいいですが、将来的に役立つのは、スマホでも記事やメモを書き残しておき、ブログでアウトプットしておくのがいいでしょう。

無益な暇な時間が有益な時間に変わる時代になったという事です。

もともと昔から賢者はそういう時間すら何かに活用していたとは思いますが、今はアウトプットにだって使えるいい時代ですね^_^