【Dorado ICO(DOR)】仮想通貨ドラードはどんなトークン?四半期コミッションボーナス7%が魅力的?

ドラードはロボットを使った配送システムを導入するというコンセプトの仮想通貨です。

そのDoradoのICOが2月7日より開始となります。

今日は、この仮想通貨の特徴を書かせていただきますね。

★動画でのご視聴はこちらより

Doradoはどんな仮想通貨?

ドラードはロボットとドローン、人工知能を使うことでより生活を便利にするための配送システムを提供するために作られたトークンです。

宇宙にドローンでピザを届けたり、ビルにロボットで配送をしたり、家から注文したものをドローンを使って運んでくれたりします。ピンとこないかもしれませんが、実現すれば運送業者が衰退していくほどの規模の話です。

このドラードトークンはドラード商品発注のアプリであるドラードのプラットフォーム内で使われる事になるので必要性が大きくなりますので価値が上昇する可能性は高いです。

Doradoの特徴

グローバルオンデマンド配信は215億$以上の市場と言われています。

ドラードのビジネスモデルは新しい形のタクシー配送業者の”Uber”(ウーバー)のビジネスモデルに似ています。
ウーバーのビジネスモデルのいいところは、空いた時間に仕事ができて、オフィスも必要ないので上司という存在が居ません。
それと同じようにドラードでは誰でもオンデマンド上で商品を提供できるようになっています。

配送するのはロボットですので、このビジョンが実現した頃には配送コストを約80〜90%も削減できる事になります。

モルガン・スタンレーのアナリストの意見ではオンデマンド・デリバリー市場は現在2,150億ドルと推定。

Doradoアプリはどんなもの?

ドラードのアプリは人工知能のチャットボット機能を搭載してます。高度な分析でAI搭載chatbotが、以前注文した「時間、場所、コンテキスト」を解析し顧客が注文する可能性のあるものを引き出してくれます。

ブロックチェーンで展開されているHyperLocal Logisticsプラットフォームは、どこの店舗でも、レストランからでも、その地域の宅配便員やドローン、ロボットと顧客をつなぎます。

ドラードには数千店舗と提携しており、顧客の住んでいる所の最高評価のものから順に迅速に選び、検索・注文することができます。レストランの食べ物や薬局、食料品、何でもタップして好きなものを注文できます。

DoradoのICOはいつから?

2月7日〜2月21日が第一ステージです。33%のボーナスが付きます。

  • 2月7日〜2月21日 33%のボーナス
  • 2月21日〜3月7日 30%のボーナス
  • 3月7日〜3月21日 27%のボーナス
  • 3月21日〜4月4日 22%のボーナス
  • 4月4日〜4月18日 17%のボーナス
  • 4月18日〜5月2日 12%のボーナス
  • 5月2日〜5月16日 7%のボーナス

ヒラタニトレードジャッジ

もうすでに成功しているビジネスモデルが軸となっていますし、市場規模としても大きいです。

世界的に見ても競合がいないブルーオーシャンである事から成長する可能性が非常に高いとも言えます。

参照:https://www.dorado.tech/