Faceter(フェイスター)はHitBTCに上場が予定されている仮想通貨です。
すでに20億円の資金調達に成功しているとの事ですので書かせて頂きます。

ICOはすでに終了しておりますが、

  • ICO RATED:4.6
  • Found ICO:9.6
  • ico holder:4.37
  • track ico:5.0

ICOとしても評価はとても高いですね。

★動画でのご視聴はこちらです。

Faceter(フェイスター)はどんな仮想通貨?

Faceter(フェイスター)は「イベントセキュリティモデル」という概念で運営されているモデルです。
簡単に説明しますと「ビデオ監視システム」となります。

  • 顔の認識と行動の分析:来店された顧客の表情や、従業員の勤務状況をより精度よく監視する事が可能になります。
  • フォグコンピューティング:マイニングでの収益獲得のシステムを備える事により、「認識・分析」を実行するのに必要な分散コンピューティングネットワーク製品のコストを大幅に削減します。
  • マシンラーニングニューラルネットワーク:これを使う事でFaceter(フェイスター)に色々なイベントを組み込む事ができます。
  • データ保護:信頼の置ける環境外ではソースビデオストリームを処理しないシステムです。匿名化したデータのみ、ブロックチェーン上に転送されます。
  • ブロックチェーン:Faceter(フェイスター)はスマートコントラクトを使い、フォグコンピューティングネットワークに透明性の高い支払い・様々な支払い方法と顔認識の為の証明メカニズムを導入します。
  • FACEトークン:分散型ネットワークの“燃料”となります。すべての利用者の決済用のトークンとなります。

Faceter(フェイスター)のメリット

  • 顧客のメリット:Faceter(フェイスター)は今までのカメラよりも高度で、しかも安全に利用できます。今までよりもセキュリティのニーズに幅広く対応した新しいサービスが可能になります。
  • マイニングをするメリット:仮想通貨のマイニングはFaceter(フェイスター)に設備を貸し出す事でマイニングするよりも多くのお金を稼ぐことができます。イーサリアムを採掘するよりも2.5倍、モネロを採掘するよりも5倍早く収入になります。
  • 全てのユーザーのメリット:この製品はB2Bの顧客に準備が整っております。Faceter(フェイスター)は一般の製品開発計画も立てております。

ヒラタニトレードジャッジ

HitBTCに上場してからの投資になりますが、そこからでも遅くはないかもしれません。
ここ最近ですと、優秀なICOで価格割れしている現状があります。
どうしてもこのプロジェクトが気に入っている場合は上場後の価格割れ付近を狙うのもありです。
私も上場日は要チェックしておきます。

2018年は「Android」「iOS」「Apple TV」のアプリケーションの開発という事なので、本格始動は来年または再来年くらいになると予想されますので、長期ホールド型になると思います。

コンセプト自体はビデオ監視のセキュリティ系という事ですが、アプリケーションを実際、自分で使ってみてから投資するかどうか判断してみたいという所もあります。