仮想通貨GeAR(ギア)がエアードロップ中です。

今なら2万名限定で5GEARトークン=500円分貰えます。
ログイン後にラインアットに登録する事で3GEARもゲットできます。

ものの数分で合計8GRAR=800円ほど貰えると思うと時給単価が高いです。
5GEARに間に合わなくても3GEARでしたらゲットできそうなので登録オススメです。

エアードロップも本気を出せばかなり稼げそうですね。

★動画でのご視聴はこちらです。

GEARトークンはどんな仮想通貨?

GeAR(ギア)は ARゲームプラットフォームです。
ARゲームを制作したい人の為に作られるものです。

ARゲームはポケモンGOのようなゲームの事をARゲームと言います。
Augmented Reality(仮想現実)の略です。

現状、クリエイターが抱える問題点を以下のように挙げられておりました。

  • 組織形態でゲームを作る場合カテゴリーが限られる
  • 面白い発想があっても様々なプログラムを使いこなせないと作れない
  • デバッグやテストプレイなど、エラー確認作業にものすごくお金と時間がかかる
  • オンラインゲームはマーケティング力が無ければユーザー離れが激しくなった
  • ゲームを公開する国ごとに法律・規律が違う
  • ボットの不正行為が多発している為、対策にはお金がかかる
  • キャラデザイン、映像コンテンツなど様々なコンテンツを自由に提供できる所がない

この困難だった部分を解決するのがGeAR(ギア)プラットフォームです。

ゲームの発案者、デザイナー、音楽制作者などなどゲームに関わるひとたちが自由に意見交換をしたり、ゲームを作り上げたりする空間が出来上がりそうですね。

プロフィール登録ではアバターを作り、自分のスキルや、使える言語なども登録できます。
選んだメンバーでパーティを作り、作ったゲームで得た収益はあらかじめ設定しておいた分配比率でスマートコントラクトに記録され分配される仕組みです。

また経験値のような表示も出るみたいです。
経験値が可視化されることでメンバー選定の役に立ちますね。

GeAR-Engineというものを搭載しているので比較的、ゲーム制作も簡単のようです。

デバックやテストプレイは世界中のユーザーが無料でプレイできるようなシステムに。

コンプライアンスの問題についてはAIで自動でその国に適したものに変えていくようです。

ARゲーム市場はブルーオーシャン?

現在のゲーム市場は「$108.9billion」です。モバイルゲーム市場はそのうちの43%を占めます。約50billionです。

2020年に予想されるゲーム市場は「$143.5billion」となっており、モバイルゲームのAR市場はブルーオーシャンなので、そこを狙っていくイメージでしょうか。

ビジネスの場面でのARは「Osterhout Design Group(オスターハウトデザイングループ)などしょうか。宇宙空間での作業をしたり、外科医に患者のバイタルサインを表示したりしています。AR/VRのシステムやデバイスを開発も手がけ、スマートグラスの「R-7」はヘルスケア、自動車、エネルギー、鉱業、倉庫業、航空宇宙産業などの企業ですでに使われているそうです。

ヒラタニトレードジャッジ

私的にはまだ「これ!」という確定要素はありません。
10月に上場予定という噂も聞きましたが、定かではありません。
しかしエアードロップはかなりお得ですのでゲットされる事をオススメします。

公式サイトはこのブログの最初の文字をクリックしていただければ飛んでいけます。