グローバルオープンランゲージのNEOベースのプラットフォームです。
グローバルオープンリーグ(GOL)というeスポーツの大会プラットフォームが開催できます。

GOLTトークンエアードロップ中!!

 

いまでしたら、公式のテレグラムに参加するだけで10GOLTゲットできます。
参加後、詳細は公式から届くようになっているようですので、詳細を待ってくださいませ。

こちらより参加

1GOLTあたり約5.5円なので55円分ですが、1分も要らずに簡単にエアードロップできるので時給としては単価が高いです。おススメです。

GOLTはどんな仮想通貨?

GOLTはeスポーツの大会プラットフォームです。
今までのeスポーツのトーナメント悩みの種だったのは「支払い」です。

そのプロセスをブロックチェーン上で稼働させる事で解決させます。

例えばCtoC(個人間)の対戦でスマートコントラクトを使い対戦の条件を決める事が出来ます。
その条件で勝利した場合にトークンが支払われる事になります。

今までは1%のプレイヤーが何億円も稼ぎ、他のプレイヤーは全く収益になりませんでした。
GOLのプラットフォームを使えば勝てば誰でも収入を得られる「e-Sportsプラットフォーム」となりますのでプロゲーマーのような人が増えてくると予想されます。

その他、以下でも収益を得られるプラットフォームになります。

  • トーナメントを主催
  • ランキングスコア
  • プレイヤーレピュテーションスコア
  • グローバルランキング
  • プレイヤースキルマッチング
  • レッスンとコーチング

レッスンやコーチングもあるんですね。

ゲームでプレイするための最少額、プレイヤー1人あたり10米ドルと仮定した場合のGOLプラットフォームの見積もり額「$97250000」と凄い数字ですね。

GOL(グローバルオープンリーグ)対応ゲーム

今の現状、GOLに対応したプラットフォームは以下の通りです。

  • LEAUGE OF LEGENDS(リーグ・オブ・レジェンド):マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ型
  • CS:GO(カウンターストライク:グローバルオフェンシブ):バトルロイヤルゲーム
  • OVERWATCH(オーバーウォッチ):アクションシューティング
  • BATLEGROUNDS(プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ):バトルロイヤルゲーム
  • FIFA18:サッカー

ラインナップも有名所が揃っております。

GOLTトークンの使われ方・賞金獲得方法

GOLプラットフォーム上でのGOLTトークンは以下のような時に使用します。

  • 試合をする時
  • 審判での投票
  • GOLのベテランからコーチング・レッスンを受ける時
  • プレイヤーのパフォーマンスのデータ分析、改善の為の情報にアクセスする時
  • eコマースの製品とサービス(Zenox、MSI、Razer等)
  • スポンサーチャレンジ

そしてGOLTトークンは、以下のような方法で得る事ができます。

  • GOLプラットフォーム上で他のプレイヤーと試合・競技で勝利
  • 友人にGOLプラットフォームを紹介した時
  • デスクトップノードを実行、試合を検証した時
  • デスクトップノードを実行して審判プールに参加した時
  • スポンサー、有名人、GOLが主催するイベントに参加した時(閲覧した時かオフラインでの参加になるのか不明です)
  • 他のプレイヤーのウォレットから自分のウォレットへの送信も可
  • GOLの事前販売、一般販売中にGOLTトークンを購入

中でも斬新なのはコーチングですね。

GOLTトークンのICOは?

もうホワイトリストがありませんので、
GOLTトークンの公式サイトへ行って頂きテレグラムに参加されておく事をおすすめします。

  • ホワイトリスト登録期間:3月20日~4月30日
  • KYC期間:4月上旬~4月30日
  • トークンセール期間:5月1日~5月31日

1GOLTあたり約5.5円から購入可能です。

ヒラタニトレードジャッジ

eスポーツの業界は私も注目していて、とても楽しみです。
プロゲーマーという分野が本当に出来上がっていくのではと思っています。

1人当たりの最大購入量50ETHと決まっているので上場後も値崩れしにくいのではないかと予想されます。

またゲーム系のYOUTUBER(インフルエンサー)を活用していく戦略も考えられております。
有名人との試合のセットアップも行い、認知度を高めていくマーケティング戦略が組まれる予定で、広がるスピードも速そうですので大きな価値高騰に期待したいですね。

ロードマップ上ではパブリックベータ版は今年の末に出来上がります。