心技体の心、『内面からドラムを磨く』をコンセプトにブログを書いております平谷です。

あなたは音楽や情報発信という表現をしていて、批判や批難を恐れた事はありますか?

情報発信や音楽をしているとすると必ず訪れる壁が批判や批難、暴言でしょう。

私も15歳の時からブログを書いたりしていましたので荒らしに合った事もありました。

そこで今日は批判や批難の心理について書かせていただきます。

なぜ批判や暴言を残していくのか?

批判を残していく時の心理には『上手く行ってるあいつをコケおろしてやりたい!』という心理で書き込みしたり、批判をする事で優越感に浸りたいという心理から書き込みする方が多いそうです。

中には本心から有益な批判を残して下さる方もいましたので全てがそうではないでしょう。

今ではYouTubeもコメントオフに出来たりしますから便利です。

有名な人のラインアットは、返信オフにしているのはイタズラが多いからでしょう。

誰からも好かれるのはムリです。

人と違った事をしていると『こんなことして嫌われたらどうしよう』という心理が働きます。

しかし、多くの人は自分の事にしか興味がないものです。

『この人嫌い!』と思っても次の日には、だいたい自分の体調の事や、好きな人の事、仕事の事で頭がいっぱいでしょう。

それに元々、好かれているかというと、その人に見つからなければ空気と同じですので気にする必要もないでしょう。

敵を利用する。

敵を利用するというと表現がいやらしいかもしれません。

しかし上手く利用している人は多いです。

炎上商法とはよく言いますがネガティブバズなどが多いのが有名ブロガーのイケダハヤトさんでしょう。

その他にもYouTuberで自分を偽ってわざと嫌われる発言をしファンを獲得している人もいますね。

誰からも好かれようとする人を嫌いな人もいます。

中には八方美人を嫌うタイプの人もいますので100%人に好かれるのはムリでしょう。

ブログを書く目的がビジネスならばターゲットを絞り、そのターゲットに向けて発信していく方がよいです。

Facebookで多くの『いいね』を集めるよりもコアなファンがどれだけ居るか?がビジネスをするには大事になってきます。

女性の顔写真載せて記事にすれば『いいね』の数自体は取れますが、お金にはならないでしょう。

何をやっていても批判や非難は避けられませんし名前が上がればなおさら、悪い噂がたちます。これは避けられません。

それでも情報発信する事には多大なメリットがあります。

今ではブログもコメントオフにもできますのでムダに争わず発信していく事をオススメします。