ロッテグールプがコインを発行するようです。
L-Tree Coinと呼ばれる通貨で非常に注目されるのではないかと思います。

L-Tree Coinの概要

  • 生体認識技術とブロックチェーンを結合した特化された強力なセキュリティ認証システム
  • 生態認識の情報を活用した支払い決済システム

特徴

Foundation

  • L-Vertex、欧州(EU)
  • 開発チーム:欧州など、多国籍の優秀な専門開発チーム

技術的特徴

  • Digit-Onとは:(ブロックチェーン・システムに生体認識認証systemを融合させ、特化された認証方式)
  • 指定、マック(指静脈)で決済

●Smart Wallet

  • 使用者の生態認識の情報(指定マック)で”プライベート鍵”代替可能
  • ウォレット復元機能、遅延取引機能、予約取引、P2P Exchange、Rootingの探知、ウォレットの偽変造探知、Anti-Hacking対応、、Anti-RCS機能、Device Protect装置登録や認証痛恨の偽変造防止、電話認証、承認/拒否の選択など動く取引所
  • セキュリティ及びハッキングから完全解放

●Conversion

  • ブロックチェインと決済ソリューションの変換システム構築
  • 取引所API反映、交換比率算定(L-Tree(変動):L-Tree Cash(固定)の統合フラットホーム具現
  • カードの代替(カード紛失の際は他人使用不可)

ビジネスモデルやエコシステム

L-Tree Retailer

  • 直営店及び提携会社免税店、ショッピングモールの使用時2~4%Reward
  • 旅行、観光、レジャーサービス支払いや割引サービス提供
  • 中国北京、上海ビザセント民間委託運営参加(オンヌリ、国民(ククミン)日報と1/3ずつ投資)
  • 顧客連携フラットフォーム運営(年間LTXの使用金額の平均5千億ウォン以上の規模と予想)

使用及び拡大

  • 韓国(ロッテ観光、ロッテリア、ロッテマート、ロッテ免税店、東和(トンファ)免税店、トニーモリー、デザイナーズホテル11ヵ所、BK整形外科、IVY整形外科など
  • 中国(東方航空、円筒航空、神話流通)
  • ベトナム(VINグループ(ベトナム1位企業)
  • 1次的にアジア(中国、韓国、日本、東南アジア)、2次的に欧州、3次的にミジュグォンの戦略的提携会社を通じた使用の拡大
  • 漸進的市場拡大を通じ、グローバル拡張および実生活融合経済の実現

市場規模の現況

  • ブロックの補完市場(2022年25条、2030年3,300兆ウォン)
  • バイオ生体認識システム市場(2018年4.5兆、2020年48億ウォン台のスマート機器適用予測、2024年17条の市場)
  • 観光市場(世界2,800兆、韓国73条)
  • 免税店市場(世界100兆、韓国20条(世界1位)対ロッテ免税店(世界2位)

※韓国訪問、中国観光客、年間800万人の流入その中にL-Treeの戦略的パートナー会員会社募客フラットホーム顧客のうち5%だけがL-Tree coinの免税品の購入や宿泊など活用の際の開いた8千万規模の市場形成(東南アジア及び全世界進出の際L-Tree coinとL-Tree Pay、実際の利用の予想人員の数は、中国、アジア圏域に3億人以上と推定)

広報・マーケティング計画

オンライン

  • SNS/バナー:コリアヘラルド、さらにインベスト、トークン・ポスト、SNS
  • ICO評点サイト(ICObench、Cointelegraph、Coindeskなど)のホームページ9月20日オープン
  • 白書:9月末オープン

メディア

  • コリアヘラルド、CNN、Forbes、Tokenpostなど、国内・海外マスコミ露出
  • 放送:コリアヘラルド(CEOインタビュー/ライブストリミング+snsアップロード)、アジア経済TV(コインナンバーワン、コインレビュー)

Token Sale計画

フリーのセールとICO

プレセール

  • 9月末に東南アジア6ヵ国、中国
  • 10月中の韓国、日本

ICO

  • 11月ヨーロッパ、アメリカの対象

発行量

  • Total:8,000,000,000 LTX
  • Hard-cap:$48,000,000
  • Sale:$0.015