LIFEX(ライフェックス)は、暗号通貨発行システムであるWowooを使って発行されるトークンです。
CEOにWowoo Operatorの富士丸氏、マーケティングもWowooの杉浦祐也氏という事で注目度が高いトークンです。
しかしながら金融庁の目が光る今、日本国内在住者は参加できないかもしれません。

LIFEX最新情報は私のラインアットで配信

させていただきます。
お気軽にご登録くださいませ。

★動画でのご視聴はこちらです。

LIFEX(ライフェックス)はどんな仮想通貨?

LIFEX(ライフェックス)は医療のビッグ・データを収集します。

ブロックチェーンで得られた情報の分析と結果、知識を記録し、ステークホルダーと商用のユーザーに有益な情報を提供します。

大規模なビッグデーターから「共通点」を発見することで、医薬品や予防薬の開発だけではなく再生医療などに良い影響を与えます。

世界中の社会的問題に、平均寿命が長引いたことによるさらなる医療費の増加・負担の問題があります。
「健康寿命」という言葉が流行っていますが、寿命は延びたものの健康の寿命はそれほど長くないのが現状のようです。
これからは「健康で長生き」を目指す時代なのかもしれません。
ライフェックスはその生き方を実現させる為のトークンです。

これまでの問題を解決するのに重要なキーワードの一つは「遺伝情報」です。

私は遺伝子の話は医師でないのでわかりませんが、今までよりも優れた健康管理のためには、遺伝子を取り巻く医療処置や、それを必要とする人々を知っておく必要があります。そしてその情報を1つにまとめる事で効率は上がります。

LIFEXはブロックチェーン技術を使い、「研究者の結果」と遺伝子治療を必要とする人々を繋げる「LIFEX BCネットワーク」を作ります。

そして世界中のiPS細胞・ベクターウイルス技術に基づき「治療タンパク質」についての、どんな研究や成果が得られたかという情報をLIFEX BCネットワーク内で共有します。
それを「病院、大学、医療従事者」がアクセスできるようにします。

再生医療については今のところ「iPS細胞」からの器官の医療再生となっているようです。
今は動物実験の段階に入っております。

ベクター技術によって「iPS細胞をRNAに輸送して細胞膜外の細胞を増殖」させて細胞核のDNAを変える悪影響を防ぐ必要があるようです。
ゲノム解析とオミックス解析を使って治療効果、副作用など、個人差が出る部分にも対応していくとの事です。

特許技術で「タンパク質遺伝子ベクターの世界特許(Iromグループが提供する技術)」というのも公式サイトによると書かれておりましたが、ここまで来ると医療関係に人にしかピンとこない内容も沢山ありますね。

メディカルビックデータとAI技術

メディカルビッグデータの処理には人工知能(AI)と高速演算処理が必要となります。
AIを使う事により「仮説モデル」を立てて精度を向上させていく事ができるようです。

LIFEX(ライフェックス)で出来る事

LIFEX(ライフェックス)で出来る事を書いていきます。

データ提供者:ドナーになる事で自分が将来病気した時などの為に準備しておく事ができます。
自分の遺伝子データやバイオメトリックデータ、カルテ、生活習慣などを登録しておく事ができます。
将来、病気などになった時もこのデータを元に最適な治療が出来るようになります。
その際にはES細胞(胚性幹細胞)による再生医療などが行われます。
保険はただの「金銭補償」に過ぎませんが、データを蓄積しておく事で病気の回復の確率も上がります。

医療機関:医療機関は、ドナーから提供されたLIFEXのデータの分析結果を参考に、より最適な治療を施す事ができまうす。これは臨床医だけでなく研究医も、匿名でデータや知識を受け取ることができます。

医療企業/医療機器企業:ビッグデータは製薬会社や医療機器会社の開発部門に届きます。
臨床段階の人は、効果や副作用のテストの為にモニタ参加者(臨床試験参加者)が必要となります。
ブロックチェーンに送信・記録された「メディカル・ビッグ・データ」は、改ざんできないデータですので、規制当局の承認の前に試験・テストができ、効率が良くなります。
その結果としてコストの削減効果が薬の価格に影響を及ぼし、多くの患者が安価で新薬を使う事ができる環境が作られていきます。。

補助食品会社:植物由来と動物由来の健康成分は、化学物質とは違い、時間をかけて効果が現れます。
この効果を検証するための作業は、費用対効果と必要な時間を考えても、かなり難しい作業となります。
メディカルビッグデータを使う事により、分析的な疫学や罹患率の比較において、特定の因子や集団に曝露された集団の発生率を分析するコホート研究(分析疫学)に使えます。
塩分の摂取を抑える場合、ある自然食品を積極的に摂取する場合、そうでない場合など、長い時間をかけたコホート研究をブロックチェーン上に保存します。
多くの個々のライフスタイルの習慣データを保存できるので、コホート研究(分析疫学)に大いに役立つと考えられています。

LFXトークンの将来性と今後

LIFEX(ライフェックス)は今後、一滴の血液から遺伝子を回収し「LIFEX BC Network」使って個人認証を行います。一般ユーザー、iPS細胞の情報、治療タンパク質の情報をさらに活用していきます。

遺伝子と生物学的なデータを解析していく事で治療が必要な時には、治療用タンパク質を最適なベクターに調製し、事前に対処することも出来るようになります。

治療が進まない時にはiPS細胞や幹細胞からサイト、器官、器官を培養。
その技術を持つ医療機関に移植することで最適な組み合わせを実現できます。

また、将来的には「LIFEXの保有量に応じてサービスの受領優先順位が決定」されるかもしれません。

次のステップでは「iPS細胞の育成を希望するユーザーの血液からiPS細胞を育成、適切な状態でiPS細胞を凍結保存する機能」も作られる予定となります。

将来的には赤ちゃんの血液を採る事で、遺伝子情報を分析・認証をし「何時どのような種類の病気を発祥するかの確率を計算する事」で遺伝子を予め治療することも出来るようになるようです。もちろん突然変異などもありますので、これに関してはかなりの時間が必要となってきます。

簡単解説!LIFEX(ライフェックス)の使用例

ここまで、かなり専門的な言葉も出てきましたので、実際にどんな使われ方をするのか、とても難しいですね。
そこで例として3つの使用例をご紹介させていただきます。

ケース①「病的リスクを予めに予防」

Aさんは、自分の健康機器を「LIFEX BC Network」に接続します。

歩数や心拍数、血圧、毎日の睡眠時間、食事の写真からカロリー計算を自動アップロードします。

ある日、LIFEXのAI代理店報告が入りました。「今までよりも肝臓の障害のリスクレベルが上昇したのでお医者さんに行ってみてもらってください」という事です。

Aさんは近くの医療機関と、おススメされた医療機関の両方へ行きました。
両方の医師から精密検査で異常が発見。その後、治療を受け、検査値は元に戻り、将来の病気に対するリスクが減りました。

Aさんは、健康データを「LIFEX BC Network」と医療機関に検査データをアップロード。
また何か異常があった時には通知してもらう事を決めました。

ケース②「データ提供へのインセンティブ報酬」

Bさんは糖尿病と戦っていました。

病院側から紹介してもらった管理栄養士とコミュニケーションをとりながらダイエット療法続けました。
LIFEX(ライフェックス)を教えてもらった後、Bさんは医療機関に「LIFEX BC Network」を使うと伝えました。

使い始めて数分以内に、今の病気を改善するために必要な新薬の情報が届きました。

Bさんは、この新薬が「一般販売に利用可能ではない」という事を知り「臨床試験であれば無料で試用」できると分かりました。Bさんはすぐに臨床試験に応募しました。

医療機関はLIFEX(ライフェックス)のAI代理店から紹介されます。
医師・製薬会社・医療機関からの支援を受け、この新薬を使っての治療が始まりました。
その後、Bさんの症状は改善していきました。

数年後に、この新薬が市場にリリースされ、大きな利益を上げる事になりました。
LIFEX(ライフェックス)のAI代理店は、Bさんが提供したデータが役に立った事に対するお礼に「インセンティブ報酬」をLFXトークンで支払いました。

Bさんは、LFXトークンをドルに換算した時の金額が大きい事にとても驚きました。

ケース③「研究権利を保護・共有・販売」

ある医療チームはXX遺伝子検査室で培養されたiPS細胞の遺伝子コードを記述、どの部分、器官からなるかを調べました。

再現性、安全性、確実性が確認されるまで、新らしく見つかった眼球レンズの表面の膜に分岐した遺伝子コードを発見。

LIFEXとのパートナーシップである事から、この研究プロセスを「LIFEX BC Network」に提供する事により、情報の権利が確保され上に、他の研究機関も、その情報を使えるようになりました。

患者の遺伝子・iPS細胞から眼球を作り出す時に、法人に申し出を受けた事の通知が来ました。

このプロジェクトを、パッケージとして販売しようとする製薬企業から「LFXトークン」として費用が支払われました。

XX Gene Laboratoryは、この研究成果をこのノードに公開しました。XX Gene Laboratoryは、このLIFEX流通の技術を研究所に取り入れ、それぞれの研究所・研究室のスタッフの頑張りに応じてLIFEXが支払われる予定です。

LIFEX(ライフェックス)LFXトークンのICO

  • トークン名:LIFEX(ライフェックス)
  • トークンシンボル:LFX
  • NEO / NEP-5アドレスが必要です。
  • トークンサプライ合計:2,222,222,222 LFX
  • トークンセールのハードキャップ:444,444,444 LFX
  • トークンセールのソフトキャップ:311,111,111 LFX
  • オランダオークションの初期入札・価格(見積もり):0.05 NEO
  • Token Sale Opening:2018年5月中旬予定
  • 発行者は最初の入札価格と供給金額をお知らせします
  • 公式電報チャンネルでトークン販売ラウンドホワイトリスト登録者に通知
  • 最低購入枚数:400LFX
  • 最大契約数:20,000,000LFX
  • トークンセール中はLFXトークンのすべての購入者のための「KYC」検証手順を実行します。これにより、購入者はパスポートまたはID写真を提出する必要があります。企業は代表取締役のパスポートを提出するか、要に応じて写真のIDと追加の書類が必要です。
  • LFXトークン限定事項:その州を含む国、その国の法律の下または下にある領土国。①暗号化またはブロックチェーン技術が禁止されている、②LFXトークンは自由に譲渡できません③発行者が国の法的要件を満たしていない。④VIIIサプリメントの条件に該当しない購入者。

 

LIFEX最新情報は私のラインアットで配信

させていただきます。
お気軽にご登録くださいませ。