仮想通貨ORBS(オーブス)は、2020年までに世界の何十億人が利用するアプリケーションをブロックチェーンに換えていくのが目的の通貨です。

説明だけでなく、オーブスの購入方法などについても追って追記などしていきたいと思います。

購入方法などについて少しだけ進展がありました。
ご紹介させていただけるかもしれません。
その際は【私のラインアット】で
アナウンスを流させていただきます。
(2018/2/13)

★動画でのご視聴はこちらより

オーブスってどんな通貨?

オーブスのプラットフォームは、世界で使われているアプリケーション向けのブロックチェーンのインフラストラクチャ(IaaS=アイアース)です。

ここで出てくるIaaS(アイアース)は聞きなれない言葉かと思います。IaaS(アイアース)とは、本来、ホームページなどのシステムを作る場合に購入しなければならなかった「サーバー」や「専用ソフト」を不要にしオンラインでのレンタルサービスという形で提供するステムの事を言います。
ハードウェア「サーバー、ストレージ、ネットワーク」を事業者が提供している「レンタルサーバー」をイメージしていただくと、分かりやすいかとおもいます。

オーブスはアマゾンウェブサービスのような中央集権型のサービスと同じ方法で、分散型アプリケーションのインフラストラクチャを提供するものです。

2020年までに「全ての支払い、ソーシャル(SNS)、アドテクノロジー(広告配信)、ゲーム」などにおけるサービス利用者に向けて最先端のアプリケーションを作って分散型のサービス提供をするという事です。

かなり壮大な規模の構想ですが、実現するとものすごいことになるでしょう。

しかしあと2年…仮想通貨が普通に使われだすのは2025年くらいだと私は思っているのですが、

いまの技術の進歩は早いので、スピードに期待ですね。

ORBS(オーブス)とKin(キン)の関係性

オーブスは元々「CoinTree」のメンバーによって設立された次世代のブロックチェーンプロジェクトです。

「CoinTree」のチームはKinのトークン配布イベントの時、アドバイザーとして協力した経験があります。

Kin(キン)は2017年9月12日に公開された仮想通貨です。
この通貨はカナダの大手メッセージアプリの会社が発行しており日本でも一時期、有名になりました。

今現在は、テルアビブの同じオフィススペースにKin(キン)とOrbs(オーブス)のブロックチェーンチームを配置しているそうです。
Orbsチームと協力し合うことによって、Kinが求めているスケーラビリティ、メインストリームのデジタルサービスの抱えている問題を解決する事にもなるようですね。

ORBS(オーブス)のロードマップは?

オーブスのロードマップはまだ公開されておりません。

2月上旬に発表される予定のようです。

まだまだ準備段階ので気長に待つのがよさそうですね。

ORBS(オーブス)のテレグラムは?

 

およそ3000人のメンバーでわいわいとやっております。

現時点ではこれといって公式から面白そうな発表はなさそうですね。

まだまだこれからという所ですね。

エアードロップ情報!

来週にはエアードロップも行われるようです。(1月25日)

プライベートセール&エアードロップなのですが、まだこれ以上の情報は出ていないようです。
エアードロップ開始始まりましら、以下のライン@で流させていただきますね。

セール情報も早めにゲットしたいところなのです。

ORBS(オーブス)購入方法は?

ORBS(オーブス)の購入方法ですが、何かわかり次第私のラインアットにてご紹介させていただきますので、どうぞご登録くださいませ。

2018年のICOは終わり!という意見もありますが、私は逆にICO元年になりそうな予感すら感じております。

しかしハイリスクハイリターンなのも現状化と思われますが…