平谷です、
このコラムを見ることでマーケティングの知識が増し、「SNSなどを使って多くの人に自分や自分の商品をアピールする時」に使える技術かと思いますので、興味ある方は見てみてください。

★動画でのご視聴はこちらです。

あなたは、今までどのようなCM・広告を見てきましたでしょうか。

数え切れないほどの広告を目にしてきたと思いますが、
恐らくホワイトアウト(無意識的に見ない)されていて、
今日の見た広告も覚えていないかと思います。

私も今日見た広告は何一つ覚えていませんが、
商業デザイナーの勉強もしてきた為、面白い広告ですと自然と目が行って覚えてしまいます。

今日は広告の中でも「ペルソナ」というPR手法についてのお話です。

この「ペルソナ」はちょっとひねり出すと誰でもすぐに使える手法です。

例えばあなたが売りたい商品が【高級腕時計セールス】だとします。

①ターゲット設定を用いた普通の手法
対象:40代~60代の男性
思いついたコピー:「頑張っている男にご褒美を。」

②ペルソナ設定を用いた手法
対象:40年勤めた会社を定年退社間近の60歳男性「小本浩光さん」をペルソナに設定
思いついたコピー:「定年おつかれさまでした。この時計は、あなたが頑張ってきた40年間の証明です」

どちらの方が、グッときましか?

ターゲット設定を使った手法では、多くの人をターゲットにしています。
多くの人をターゲットにしすぎた故に、誰の心にも響かないコピーになっています。

では、一見、ターゲット設定が狭いように見える「ペルソナ設定」を用いた手法はどうでしょう?
どこか心にグッと突き刺さるような何か、コピーにエッジ感を感じたかと思います。

カルビー、TBCのメンズコスメなど、ペルソナマーケティングによる成功例は沢山あります。

これからのペルソナマーケティングは「UI/UX」を組み合わせビジネスを行っていくには必要なスキルとなってきます。
SNSに文章を投稿する時などもペルソナ手法で日々、練習されてみる事をオススメします。