【play2live(プレイツーライブ)】仮想通貨レベルアップコインLUCトークンの将来性・上場

プレイツーライブは「ゲーム市場、eスポーツ系」の仮想通貨です。
すでに上場している通貨との事ですが、eスポーツの分野は魅力的ですので取り上げてみました。

★動画でのご視聴はこちらです。

play2live(プレイツーライブ)の背景

ゲームの世界市場は2017年105億ドル超えているそうです。
また「ゲームの開発とゲームのリリース」に必要な資金は、ハリウッド大ヒット作と同額の予算が必要のようです。
またストリーミング配信で最も人気のあるeスポーツ市場は2017年に7億ドルと急速に成長しています。

この数字は、すでに世界で最も人気のあるスポーツの数字を超えており、NBAやMLBなどのスポーツのイベントの数字も超えているのが現状です。

FCバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッド、ガラタサライは、多くのeスポーツチームを獲得しています。
そしてeスポーツとビデオゲーム市場に専門の「Twitch.tv」と「YouTubeGaming」は、4年以下に970万ドルでAmazonに売却されております。

play2liveプラットフォームで何ができる?

いま現状、eスポーツでは色々な問題を抱えています。

  • ユーザーは、幅広い種類の対話。パーソナライゼーションのオプションを欲しがっている。
  • 参加者はP2Pの関係、特に商用の関係をよりよく調整する事を求めています。その為、プラットフォームはサービスプロバイダーになる必要があります。
  • 広告は必ず表示されます。無料では広告オフには出来ないのが基本です。ユーザーは広告を嫌います。
  • ストリーム配信者は登録・配信した直後に収益を得たいと考えております。より簡単に収益化するためのツールを増やしていきます

この問題を解決する事で以下のようになります。

  • 視聴者:広告無しでストリーミングプラットフォームを閲覧する事ができます。LUCトークンを使用して配信側のプラットフォームに接続します。
  • 配信者:始めてすぐにストリーミングでの収益を上げる事ができます。今までの配信プラットフォームと比べて収益化の方法が11個以上あります。
  • eスポーツトーナメント主催者:プラットフォーム上でゲームのトーナメントを開催・主催した場合、資金を集めることができます。

また、視聴者は「チャネルを共有すること」でLUCトークンを獲得することが出来ます。
ゲーム会社は、プラットフォーム上でゲームを販売する事もでき、幅広いニーズに答えそうです。

ヒラタニトレードジャッジ

2018年第2四半期の初めにPlay2Liveプラットフォームである「MVP」リリースを予定となっております。そして2019年第2四半期は月間アクティブ視聴者1000万人に達する予測との事ですが、今のところプラットフォーム待ちといった感じでしょうか。

実現すれば面白いかなとは思いますが、ライバルのプラットフォームもありますので、どう違いを出していくかが大事ですね。