PLUG(プラグ)はCTIA社のTGEで開催されるICOです。

 

プラグのTGE開催時わかりましたら私のラインアットで配信

させていただきます。
お気軽にご登録くださいませ。

★動画でのご視聴はこちらです。

PLUG(プラグ)ってどんな仮想通貨?

PLUG(プラグ)は今までに存在する他のブロックチェーンプログラムに組み込んでも稼働するようにする為の技術です。

これからの時代、本当にブロックチェーンの恩恵を得るには、全てのブックチェーンに互換性が求められてきます。
これを使えるようにする為にPLUGは ”PLUG Crosschains(プラグクロスチェーンズ)”というシステムを使います。

アトミックトランザクションを使い、複数のブロックチェーンに影響を与えるものが公開されます。
ビジネス仕様のブロックチェーンサービスの「柔軟性、制御、セキュリティ」が最大限まで高められていきます。

PoWとPoSの違いとは?

多くのプロジェクトでは、Proof of Work(PoW)のアルゴリズムが使われています。

PoWを使うと、オンボーディングの仮定が要らずに任意バリデーターと匿名バリデーターをネットワークに送る所ができます。

ここで言うバリデーターとは恐らく「検証、実証、認可、妥当性確認」です。

しかしながらPoWを使うと「ネットワークの制御が不能であること、ユースケースに柔軟性がないこと、スケーラビリティが失われる事」など、他にも多大な費用がかかります。

またPoWの弱点の1つに最終性の欠如があります。
PoWマイニングでは、ハッシュパワーの50%以上を持つ人は履歴を書き換えることも可能になります。
なぜこのようになっているかと言うと、悪意のある人にインセンティブを与えるのを避ける為に作られています。

これらはシングルチェーンやシングルトークンのユースケースに当てはまる事があります。
しかしマルチチェーン、マルチアセットシステムではそれがどのように機能するかの研究はされておりません。

しかし、PLUG(プラグ)では、低料金の商品ハードウェアを使い、電力を大幅に節約。
安いエネルギーで鉱業権を集中させません。

プルーフの仮定には時間がかかりません。
短時間でより多くのトランザクションを実行する為、スケーラビリティ問題の解決になります。

PLUG(プラグ)のコンセンサスアルゴリズムは実際のものをモデル化する時に柔軟性ができます。
ユースケースのブロック化ネットワークが集中化され分散されているかを正確にとらえる事ができます。

PLUG(プラグ)PRGトークンの技術

PLUG(プラグ)はPython(パイソン)というプログラミング言語で書かれています。

開発者が理解できる共通の言語です。

PLUG(プラグ)は、インフラストラクチャのプロバイダ(Google Compute、Microsoft Azure、AWS)とアプリケーションサービスの間に位置します。
企業が仮想通貨を使いコンセンサスを配り「IDの管理、ビジネスロジックを実装、改ざんを防止」するデータの作ります。

PLUG Frameworkは個人や企業が、難しいブロックチェーンの技術を使わず「簡単にブロックチェーンベースのアプリケーション」や「サービスを構築」できるようにする為のライブラリを用意します。

柔軟性・モジュール性・拡張性も非常に豊富で、既存の製品でも新しい製品でも導入しやすくなってます。

PLUG(プラグ)PRGトークンのICO参加方法は?

TGEに参加するには「ブロックハウスの登録」が必要となります。

なかなか難しいですが、ぜひご登録くださいませ。

ヒラタニトレードジャッジ

確か他にも、このようなシステムの仮想通貨はあったような気がします。

プロキシウスあたりが、そのような感じだったかと…。

しかしTGEというだけで信頼性が高いのは間違いありませんので、私は問答無用で投資予定です。

セントラリティレベルに上げてくれたら御の字ですが、あまり過度な期待はせず2~3倍レベルの着地と考えて投資してみます。

合わせ読みたい記事:ICOとTGEの違いは?