プンデックスは世界中のどこの店舗で、どの仮想通貨で買い物ができるようにするためのトークンです。

トークン名称はPXS。

★動画でのご視聴はこちらより

プンデックスって何?

Pundi X(PXS)の目的はペットボトルの水を買うほど簡単に仮想通貨の購入と仮想通貨を使った商品の購入ができるようにする為のトークンです。

簡単に言いますと「仮想通貨がどこでも簡単に買えて、仮想通貨を使って世界中どこの店舗でも商品を購入できるようにする」と言ったトークンになります。

Pundi X POSを使って決済

フィアット、銀行カード、スマホウォレット、Pundi X Passを使う事によって商品が購入できます。

店舗に上記の画像のようなイメージです。

レジにプンデックスの機械が置かれていて、どのコインで決済できるかを決める事ができます。

Pundi X Pass
仮想通貨を安全に保存してくれるパスカードです。
このカードをスワイプする事で仮想通貨決済が行われます。

スマホウォレット決済
プンデックスのウォレットをスマートフォンへインストールし仮想通貨を管理します。
バーコードをプンデックスのレジにかざす事で決済できます。

プンデックスでの仮想通貨購入
仮想通貨を購入する時はフィアットか銀行カードを使ってください。
ウォレットに入れるのはとても簡単です。

なぜプンデックスPOSが必要?

Pundi X POSは仮想通貨の支払い、取引を簡単にしてくれます。

スマートフォンウォレットや銀行のカードを使って取引もできます。

プンデックスPOSの取り組みが店舗にもらたすメリット

Pundi X POSデバイスは、このようにデータ分析までしてくれる為、小売業者にとっても必要不可欠な存在となってきます。

  • 小売情報
  • 在庫管理
  • 注文管理
  • マーケティングおよびロイヤルティプログラムをサポート
  • 仮想通貨の売買
  • BTC、ETH(ERC 20)、PXS、XEM、QTUM(QRC20)、ACT、XLMなどの仮想通貨をサポート。
  • Pundi X Pass(プンデックス)カードで仮想通貨を厳重に管理。
  • Alipay、E2Pay、Go-Pay、Pundi-Pundi、WeChat Payなどのモバイルペイメントアプリをサポート。
  • QbaoX Wallet、Nem Walletなどの仮想通貨のウォレットでの支払いをサポート。
  • クレジットの履歴を残して経済的なリスクを減らします。
  • 金融サービスプロバイダのためのゲートウェイを提供。
  • サポート、ロイヤリティ会員管理システム。
  • プロモーションと「PXS報奨制度」サポート。
  • 第三者配信およびロジスティックサービスプロバイダをサポート。

消費者としては簡単に仮想通貨の取引や、仮想痛を使った決済ができるのが魅力的です。
またPXSトークンの報酬システムもありますが、多分「楽天ポイント」のように使った分だけポイントがついてくるのかと予想されます。

パートナーが有名

Xem(nem)、qtam(Quantum)、ステラーなど仮想通貨を知っている方なら一度は目にした事がある名前がずらりと並んでいます。

エアードロップ

エアードロップも月に1回行っているようです。

詳しいやり方がわかりましたら私のラインアットでアナウンスさせていただきます。

購入はもうできないのかもしれませんが調べてみます。