【LeadCoin ICO】仮想通貨リードコイン(LDCトークン)の最新情報はこちら☆買い方・購入方法・上場

LeadCoin(リードコイン)のICOについて書かせていただきます。

大事な所は太文字にしてありますので、そこを特に読んでいただけるとわかりやすいかと思います。

☆動画でのご視聴はこちらより

リードコイン(LeadCoin)何に使うコイン?

リードコインがインターネット広告を変える

いまの企業の広告戦略は今までのオフライン手法と、新しいデジタルマーケティング戦略を組み合わせて新しい潜在顧客へアピールしています。

その中でも一般的なインターネットマーケティング手法の1つに「Google(Adwords and Adsense)」や「Facebook上でのクリック単価(PPC)広告、リードオファー広告」などです。

このマーケティングの手法は、トラフィックの獲得や、新しい訪問者をウェブサイトに誘導することで自社のビジネスに誘導する事が目的です。

これらのPPC広告・リードオファー広告などは伝統的なデジタルマーケティングのファネル、最初の一歩と言えるでしょう。

ここで問題と言えるのは広告を打つ側の企業は満足しているか?という点です。

主に今はグーグルとフェイスブックがPPC広告を支配しています。
統計情報によるところ2016年にグーグルは広告収益だけで790億ドル以上、フェイスブックは260億ドル以上の収益があります。

グーグルの年間成長率が平均17%、フェイスブックの年間成長率が54%から想定すると、
2017年の両社の総広告収益を併せると1000億ドル以上が予想されます。

企業側は新しい顧客を獲得するため、多額の資金を投資しています。

その結果として得る事のできる新規のリードについては、ほとんどの企業が満足していないのが現状です。
さらに言うと顧客獲得の為のテクニック本やセミナーも存在するほどです。

この不満を解決し「リアルタイムのリードを獲得するため」の新たな試みをするのがリードコインです。

企業が抱える課題

顧客リストの獲得はビジネスの原点です。

しかし、ほとんどの企業はWinWinな価格で自社に合った顧客リストを獲得が出来ないという課題を抱えています。

Hubspot(ハブスポット)の情報によると、
全ての産業を合計したGoogle Adwordsの平均コンバージョン率は2.7%です。
この低いコンバージョン率でビジネスを展開していくのは至難の業です。
アンケートによると、この低いコンバージョン率に満足しているの企業はわずか22%です。

広告とは別に「顧客リストを購入する」事でのコンバージョン率は更に落ちます。
「購入する事で得た顧客リスト」に流された広告は相手が関心を示さないのです。

まとめて言いますと「企業が新しい顧客リストを得るために費やすお金は95%以上が無駄になっている」というのが現状です。

サイトの訪問者を顧客にしていくためのプロセスは、簡単にはいかずとても時間が必要です。

  • キャンペーンの作成
  • オファーテスト
  • コンバージョン率テスト
  • A/Bテスト
  • 動画差し替えテスト

などなど、キャンペーンを打つ前も大変な上に、キャンペーンのテストで細かくコンバージョン率・リストの獲得率を上げる為にテストしなければなりません。
キャンペーンによって大量に顧客リストを獲得しても、満足した結果が得られない事の方が多いのも現状なのです。

リードコインで解決

企業側に未使用の顧客リストがある場合、リードコイントークン(LDC)でそれらのを販売する事ができます。
買う側の企業は「全く選んでいない訪問者の顧客リストではなく同じ業界の顧客リスト」を購入する事になるためコンバージョン率が上がります。

企業は良質な顧客リストをリアルタイムで売ることができます。
リードコイントークンでの販売をする事により、企業が顧客リストを獲得する為のプロセスを省略する事ができるため時間効率の削減になります。

  • ホットな顧客リストをリアルタイムで提供:このネットワークにより、特定の用途にすぐに使える顧客リストのみを選択します。
    そのため購入者は、これらの顧客リストに高いモチベーションがあることと、自社との関連性が高いことを把握した上で購入の確認をすることができます。
  • 条件に合あった・分析済みの顧客リスト:このシステムでは検証済みの連絡先の情報と顧客リストの特定のニーズの分析を提供して購入者が求めている顧客リストを確実に提供します。
  • 顧客リストのマッチングアルゴリズム:リードコイントークンのアルゴリズムは適切な顧客リストを適切な購入者にマッチングさせ、検索のパラメーターと履歴に基づいて購入者を販売者に提案します。
  • B2B:リードコイントークンを利用することで、企業が未使用のリードをお互いに売買することができ、仲介者のいない分散型ネットワークが構築されていきます。

ブロックチェーンが必要な理由とは?

ブロックチェーンの技術は必要かがとても気になる所かと思いますので説明させていただきます。

ブロックチェーンとスマートコントラクトを通すことにより「信用と透明性」を提供します。
それにより業界他社からの選ばれた顧客リストを購入することが可能にになります。

企業は価値のある未使用の顧客リストを保有しているためリードをリアルタイムで互いに販売します。

企業は顧客リストを販売してリードコイントークンを受け取り、そのトークンを別の顧客リストの購入に使うことで、新らしい顧客をビジネスに繋げることが可能となります。すべての取引はブロックチェーン上に記録され、以下のような必要なデータがすべて表示されます。

  • 売り手側の取引、今までの履歴データ
  • 買い手の満足度情報や売り手のランキング
  • 顧客リストの履歴に関する詳細も入手が可能
  • リードのネットワーク在留の期間といった幾つかの要因に応じ、それぞれの顧客リストにスコアをつけることも可能です。

リードコインの特集雑誌

日本の雑誌にも取り上げられていたのですね。

東洋経済オンライン、プレジデントオンライン、現代ビジネスはとても人気の雑誌です。

LeadCoinのICOはいつから開催?

2月の半ばにリードコインの公式サイトの更新が行われました。

当初は3月1日に100分限定セールを予定していたのですが、3月1日~3月11日までになったそうです。

ヒラタニトレードジャッジ

プレセール枠で販売されている方も見かけます。とても人気の通貨の為、即完売も予想されますね。

公式ページでは「リード=お問い合わせをした潜在顧客」という表現をされておりますが、これに関しては日本語で言う顧客リストと同じ意味かと思われます。

私もよくフェイスブック広告などを使っておりましたので、リードコインは実現すれば、とても面白い通貨かと思います。

ちなみに私の元には上場の情報はまだ入ってきておりません。

ロードマップを見ても長期保有型なのではないかと思います。