仮想通貨市場分析AIプラットフォーム「シグナル」は、仮想通貨のビックデータをひとまとめにするというプロジェクトです。
少し気になったのでレビューさせていただきます。

世界一の仮想通貨情報リソースを作るのが目的

「シグナル」は日々、膨大に増えていく仮想通貨の情報をAIの機能を使ってまとめていこうというプロジェクトです。

仮想通貨の市場は大きく成長している中、情報精査による投資判断は非常に難しいのが現状です。
その原因は目まぐるしいほどの大量の情報や、情報自体が高度であり専門的であるという理由があります。

その結果から投資の判断が鈍ったり、本当に価値のあるプロジェクトに資金が集まらないというのが現状です。

シグナルの会社であるFACTBASEは、ウェブ上にある仮想通貨のビックデータを収集しAIを使う事で整理。
その情報を発信する事で仮想通貨市場を健全化していきます。

仮想通貨のビッグデータをAIで分析

シグナルのプロジェクトは、全世界の仮想通貨ビックデータを集めます。
そして整理したデータベースを「SIGNAL DB」に入れます。

その他、仮想通貨投資に役立つ色々な情報やサービス届けるプロジェクトです。

東京大学の研究者による「金融市場最先端のセンチメント分析モデル」というものがあります。
これは「自然言語処理技術や機械学習技術」を使って、とても早くデータを収集・評価し続ける事が出来ます。
そのシステムを利用して、仮想通貨市場を自動分析できるデータベース「SIGNAL DB」を作ります。

そして、そのデータベースをAIを組み合わせる事により、仮想通貨の値動きの分析も可能になります。

SIGNAL Appのサービス

SIGNAL App(シグナルアプリ)

SIGNAL Appを使う事で、仮想通貨トレードに役立つ情報をiOS・Androidでチェックする事が可能になります。

仮想通貨の値動きに大きな影響を与える可能性があるニュースが通知され、そのニュースのセンチメント分析・SINGALアナリストによる分析コメントを見ることができます。

そのニュースを見て、人々がどんな感情になっているかのメンタル分析もしてくれるみたいですね。
他、分析の専門家が「SIGNAL Analyst」でコメントしてくれるようです。

SIGNAL Alert(シグナルアラート)

SIGNAL Alertは、仮想通貨市場での値動きに、大きな影響が出るニュースがあった時にラインで通知を受け取る事が出来ます。
買い時や、売り時を出来る限り逃さないようにしてくれるようなサービスですね。

仮想通貨の上場に関する情報、価格が上がりそうな情報、取引所停止などによる価格が暴落しかねない情報など、とても早く伝えてくれます。海外の情報も拾ってくれるので便利ですね。

SIGNAL Board(シグナルボーダー)

2018年以降にリリース予定!SIGNAL Boardは仮想通貨市場の動きが簡単にわかるダッシュボードです。仮想通貨トレードに役立つ多くの情報が集まっています。またSSIやSDIのような独自の指標を見る事も可能になっています。

この「SIGNAL Board」はプロ向けに設計されていますので一部の投資家のみ公開予定のようです。

SIGNAL Appが仲間を募集しています。

SIGNAL Appは20代の若いエネルギーで動いているプロジェクトです。
いま仲間を募集しているようですので興味のある方はぜひ、以下公式サイトより応募してみてください。

公式HP:https://fact-base.io/

  • 社名:株式会社FACTBASE
  • 所在地:〒113-0034 東京都文京区湯島4-2-3湯島Sビル7階
  • 電話番号:03-3868-3655
  • 代表取締役:高橋 佑典
  • 事業内容:仮想通貨データサービスの提供