【SingularDTV・アジア ico】TGE!仮想通貨SNGJトークン・上場・買い方・購入方法・将来性 asia シンギュラー

すでに上場している通貨SingularDTVのアジア版(Singular Japan)がTGE案件として発表されました。

SingularDTVが上場している取引所は「Binance(バイナンス)、Bitfinex(ビットフィネックス)、HitBTC(ヒットビーティーシー)」です。そのシンギュラーDTVのアジア版について簡単にご説明させていただきます。

★動画でのご視聴はこちらです。

SingularDTV(アジア)asia版とは?

Singular Japan(シンギュラージャパン・アジア)は、アーティスト・クリエイターを今よりももっと活動しやすくする事を目的として作られた仮想通貨です。

この仮想通貨が普及する事によって、アーティスト自身が独立でき、今まで会社を通さなければならなかった部分も簡略化する事ができます。
作品にとっての価値の流れが非常にシンプルになってきます。

SNGJのモデルである「SingularDTV」では開発から生産、流通とサポートの4つのカテゴリで構成されております。
Ethereumベースで展開されているソフトウェアアプリケーション(DApps)から作られており「Singular Japan」は以下のようなイメージです。

  • Tokit(トューキット): SingularDTVが作ったアプリケーションです。Tokitを使う事でアーティスト・クリエイターが知的財産(IP)をトークン化します。トークンをプログラミングする事で、知的財産(IP)の権利や収益システムの作成、ロイヤリティ報酬の流れと制御の管理が出来るようになります。
  • SingularX(シンギュラーエックス):ピアツーピアの非中央集権型の取引プラットフォームです。アーティスト・クリエイターだけではなく視聴者も自分のIPをトレードできるようになります。
  • レンタル主義者: 2018年第1四半期に到来するエアブロブ型ピアツーピア機器レンタルアプリケーション。
    分布

Production

  • Ethervision:2018年に予定されている分散型ピアツーピア配信ポータルです。
  • SingularDTV:エンターテインメント、エコにミー、統治団体により、日本でのプロジェクトの為ETH(イーサリアム)を管理します。

※その他の分散アプリケーション、DAppsとしてはマーケティング戦略・計画や立案の途中です。
SingularDTVが本格稼働するのは今後3年間からシステム全体が機能する見込みです。

SNGJのトークンモデル(バーンモデル)

SingularDTV(アジア)のトークンモデルはトークンは徐々に焼かれていくモデルです。

SNGJのシステム上で作られたコンテンツが消費されればされるほど、支払い方法「JPY・SNGJ・ETH等」に関係なく、SNGJトークンが焼かれていきます。
そうする事でコンテンツが消費されればされるほどSNGJトークンが多く焼かれますので、SNGJトークンの供給が減っていきます。

SNGJの配信用チャンネルは「Singular DTV」によって作る事ができます。
作った配信用チャネルにアクセスすると、コンテンツの視聴に小額の取引手数料が課金、SNGLSトークンとして支払いされます。
「維持・管理」もこのアプリケーションを使って行われます。燃焼率の消費は「SingularDTV・Centrality」によって開発されたアルゴリズムを基本にしておりますのでSNGJトークンが無くなる事はありません。

SNGJシステムのコンテンツを作るには「Tokit」を使います。アーティスト自身が「Tokit」使う事でトークンを作る事が可能になります。Singular Japan(シンギュラージャパン・アジア)は、Singular JapanのTGEにより調達されたETHでアーティストのトークンを購入します。アーティストに資金を提供する事で「SNGJの流通チャネル用コンテンツ」を作る事ができます。
全アーティストトークンはSingular Japanにより「知的財産ライブラリー」に保管されます。

SNGJトークンは?

Singular Japan(シンギュラージャパン)はSNGJというトークンを発行します。

SNGJトークンを作る時、ユーザーはイーサリアムをスマートコントラクトに転送します。

TGE開催により集められたイーサリアムは、日本のエンターテインメントコンテンツ「映画・音楽・コメディ・書籍」を日本語で作る事に使われます。

TGEは55億円分のSNGJトークンを販売。

作ったコンテンツは2018年に発売予定のSingular Japan(シンギュラージャパン)の流通チャンネルにアップロードされます。

SingularDTV(アジア)私なりの見解。

SingularDTVはエンターテイメント系の通貨となります。「Tokit!」というプラットフォーム上で作品の評価を収益化(トークン化)できるといったシステムになっています。

今までのミュージシャンの作品流通までの流れを大まかに説明すると「楽曲制作→レコーディング→デザイン制作→印刷→流通(物販)」といった流れになっていました。しかし「Tokit!」を使うことで「楽曲制作→レコーディング→デザイン制作→アップロード」という流れとなり一番、お金と手間のかかる部分を削減できます。

ブロックチェーン上で管理する為、コピー・転載が理論上できない仕組みとなっていますので著作権保護といった観点でも強いです。

流通しお店に置いた時点で手数料も取られてしまう為、プラットフォーム上で販売するだけでアーティストにとってはかなりの収益効果が見込めるわけです。

実行されるのが3年後ですので、3年後はアーティストにとって、とても面白くなると思います。

SingularDTV(アジア)はTGE!

CTIA社によるTGE案件ですのでかなり期待がもてる通貨です。

私としても是非、購入したいと考えております。

ブロックハウスの登録が必須になります:ブロックハウスの登録方法