大城ガクト氏が仮想通貨事業を始めたみたいです。

spindle(スピンドル)って?

spindle(スピンドル)とありますがICO(イニシャルコインオファリング)ですね。

 

え?トリンドルとスピンドルをかけてる?がっくんらしいですね。(これはダレノガレでは・・・?という突っ込みはおいといて。)

 

主要メンバーはこちら…

BLACKSTAR Members
平井 政光、葛西 庸久、古賀 貴司、佐久間 将司、Dariusz Chrzastowski、細井 健雄、大城 ガクト

Advisors
CDS経営戦略研究所、川戸 淳一郎、吉崎 誠司、Cher Chen Lung、吉永 歩夢、小池 美枝、佐野 文彦

 

ICOという事で、日本の取引所にもたくさん上場するといいですね。

根強いファンもたくさんいらっしゃるので値上がり必須かと思われますしね。

っというか有名なミュージシャンがICOって珍しいというか日本では初めてなんじゃないでしょうか?

ICOと言えば信頼できる人かどうかが一番重要なポイントですので、

こういった有名人がどんどん企画すると企画自体が失敗することはあっても詐欺案件といった事は可能性が低くなるでしょう。

スピンドルってどんな通貨?

今のところのホワイトペーパーを見たものをまとめてみました。

参加不可能な人(プライベートプレセールのホワイトペーパー参照)

  • 米国、中国は参加不能
  • 75歳以上の高齢者
  • 18歳以下の未成年者
  • デリバティブの投資経験が1年未満
  • 金融資産1000万円未満(証拠必要)

目的は?

SPA(スピンドルアプリケーション)を利用して世界の仮想通貨ヘッジファンドやICOトークンに投資できるプラットフォームを成立させる事。仮想通貨のヘッジファンドの名称や国籍は秘匿。SPA内に配置される投資対象のものをSPDにより投資することができる。優秀なものから悪意のあるものまで均等に分布。

ICOクラウドセールが終わった後は

ウィンドウズやマック、スマホなどでSPA(スピンドルアプリケーション)のサービスが利用可能。冬には不動産などの現物資産を裏付けたトークンへの投資が可能となる。デビットカードも対応っぽいです。

2017年9月の時点で仮想通貨ヘッジファンドの資産運用残高は約2兆3500億USD、5年後には低く見積もっても400兆円規模と言われている中、SPDはICOから3年で上記の1.0%を確保する予定。目指す規模は229.58億ドル。

  • 2017年10月 プライベートプレセール
  • 2017年12月 WEBサイト・ホワイトペーパーの公開
  • 2018年1月 プレセール終了
  • 2018年4月 クラウドセール開始(全世界)
  • 2018年頭にプレスリリース予定!国内外の大手モバイルゲーム企業に各種採用。
  • 2018年5月以降 SPDトークン発行、ウォレットに付与、SPAβ版ローンチ、取引所に上場

発行するトークン量など

  • 通貨記号       SPD
  • ブロックチェーン   ERC20
  • 通貨タイプ      ユーティリティートークン
  • 予定トークン総発行量 10,000,000,000SPD
  • トークンセール価格  適時公表

スピンドルの購入方法は?

スピンドルは間違いなく2018年、追っていきたい通貨。クラウドセールは2018年4月より開始という事です。

 

詐欺も出回っていますのでくれぐれも注意してくださいね。

いち早く参加した方が有利なのがICOですので
購入できるようになった時には私のラインアットマークのほうで
アナウンス流させていただきますので、
ぜひご登録くださいませ。安全に購入できますよ。

 

もちろん応援したい!という意味で2018年おススメ通貨銘柄ランキング!」にICO始まった時点で追加したいと思います。

評価は?

ここ最近の評価としては、色々なニュースもあり、いまいちな点も。

Facebookではこのような広告も。

「一部、報道されている与沢翼さんとSPINDLEの関係について」

一部のウェブメディアなどにおいて、与沢翼さんSPINDLEの代理店として活動している旨の報道が行われておりますが、与沢翼さん及びFree Agent Style Holdings(フリーエージェントスタイル)社とはSPINDLEの代理店契約を過去含めて一度も行なっていないことをここに公表させて頂きます。

また、株式会社K.RTRuang及び小西玲太朗氏ならびに大森寛之氏とされる人物ともSPINDLEの代理店契約を行っておりません。上記企業及び個人が関与しているとされているSPINDLEの不正な勧誘行為の報道に関しては、現在、内容の確認を進めております。

SPINDLE事務局としては、本件に関わらずSPINDLEの営業活動における不正行為に関しては断固として許さず、不正や不適切と思われる行為を発見した際には、関係各所との連携を行い是正を図って参ります。

私としてはまだまだ見守っていたいスピンドルですが、これは投資ではなく、あくまでミュージシャンとしての私の単なる趣味に過ぎないのかもしれませんが(^_^;)笑

また情報入りましたら追記させていただきますね。

失敗を恐れない行動力

GACKTと言えばカジノ等で大金を溶かして一時期ピンチみたいな報道がされていましたが、この仮想通貨事業で大きく盛り返すんじゃないかと。

失敗を恐れずに突き進む姿はカッコイイですね。というか、失敗の本質ってご存知でしょうか?

失敗の本質って、事業で失敗する事でも、破産する事でも、貯金無くす事でもないんですよ。失敗の本質は失敗を恐れて行動しない事なんですよ。時間だけはどれだけ泣いてもねだっても返ってきません。今を精一杯生きる、それが結果がどうであれ、行動している、続けている時点で成功だと私は思っています。っという久しぶりのポジショントークでした。

さて、話は戻りますが、たぶん普通に生きていたら気づかないかもしれませんが、スケーラビリティ問題など全部クリアする以前に仮想通貨の業界って本当にチャンスがゴロゴロ転がっている状況なんですよね。

しかもミュージシャンやアーティストを救っていけるほどの力を秘めています。

いくらミュージシャンがお金に興味薄いからっていって、お金が無くて活動できる人はゼロですしね。

仮想通貨が怪しいといイメージも消える

こういったビジネスチャンスを、私がスゴイよーと叫ぶよりも有名人ミュージシャンが起動に乗せた方がよっぽど説得力が強いので嬉しいですね。

『仮想通貨は怪しい』のイメージがこれでまた払拭されるキッカケにもなりそうです。

今までどんなものも
社会に登場した時は【異端】だった
BY大城 ガクト

そうですね。仮想通貨のYouTuberやってるのって何万分の一の確率かわかりませんが、私も異端児だと自覚してます…。

むしろ怪しいとみんなが思っているから稼げるのも事実なんですが、これが単なるマネーゲームに終わってしまうのではなく、アーティスト救済の意味合いも含まれるような事業になるとホントにいいなって思います。

GACKT氏は英語がペラペラなのでかなり情報も早く取得できるかと思います。

今のインターネットの業界って、実はほとんどが英語圏からの情報卸売りみたいな状況なんですよ。

私は音楽捨ててマネーゲームに走ったように思われていても致し方ないですが、正直、音楽業界は元気ないですよ。

なぜか?

理由は簡単ですね。言わずとも明白ですのであえて言いませんが…

ある種の反骨精神むき出しにクリプトユーチューバー頑張っていきますよ^_^

っと言うわけで随時追加中の2018年のオススメ仮想通貨銘柄見てみてくださいね。

ガッツリ稼ぎましょう!

スピンドル(spindle)のサイトはこちら