CTIA社の「TGE」は「ICO」と同じ意味のようで少しだけ違います。

Token Generating Event(トークンジェネレーションイベント)について書かせていただきました。

TGEって?

TGEはToken Generating Event(トークンジェネレーションイベント)の意味です。

ICOと同じ事をするのですが簡単に説明させていただきますとTEGの方が信頼性が高いという事です。

デューデリジェンス(情報の精査)がしっかりと行われているのですが、実際はどんな点を精査しているのでしょうか。

  • 集めた資金の使用目的
  • 流通の仕組みや暗号通貨の利用方法
  • 法的問題

投資銀行の長年の経験をもつ調査機関が調査をしています。

公開しても問題はないと判断された暗号通貨のみを公開しているという機関ですね。

また「Know Your Customer=KYC(本人確認手順)」と「Anti-Money Laundering=AML(資金洗浄防止)」をしっかり行っているので、開発者にも優しいシステムになっています。

TGEに参加するには?

TGEの案件に参加するには以下の登録が必要になります。

しかしブロックハウスはまだまだ使いにくいので改善してほしいなと思いますね。