テザー(USDT)が暴落。固定価値のステーブルコインがなぜ?

テザー(USDT)といえば1USDT=1USD(ドル)の価値固定で有名なステーブルコインです。

それが10月15日、仮想通貨取引所のKRAKEN(クラ-ケン)では1USDT=0.85USDまで暴落しました。

これを機にバイナンスについてもUSDTの取り扱いを停止するとの誤情報なども流れました。

この時、丁度BTCが急騰。

日本円にして1BTC=697,000円⇒1BTC=743,000円へ46,000円、5%ほどの急騰でした。
USDT建てから見ると約8%の上昇。

この時、マルタが拠点のOKExも4種類のステーブルコインを上場させるという発表も。

OKEx、4種類のステーブルコイン
  1. 仮想通貨取引所ジェミニが発行するジェミニドル(GUSD)
  2. ユーエスディーコイン(USDC)
  3. パクソススタンダードトークン(PAX)
  4. トゥルーユーエスディー(TUSD)

ジェミニドルとパクソススタンダードトークンはニューヨーク州の金融サービス局である「NYDFS」の承認を得ております。