Wowooはかなりの人気の通貨ですが、そのWowooのプロジェクトの中にWowoo Exchange(ワオーエクスチェンジ)というものがあります。

WWXトークン最新情報は私のラインアットで配信

させていただきます。
お気軽にご登録くださいませ(^_^

★動画でのご視聴はこちらです。

Wowoo Exchange(ワオーエクスチェンジ)とは?

Wowoo Exchange(ワオーエクスチェンジ)は英国と東南アジアが拠点の仮想通貨取引所です。
「QRC」と「Next Chymia Consulting HK」がWowoo Exchangeの運営に協力もしてくれています。

「QRC」と「Next Chymia Consulting HK」とは?

「Next Chymia Consulting HK」は香港で2017年9月15日(金曜日)非公開会社として設立された会社です。株式非公開会社として設立されています。ブロックチェーンのコンサルタント会社となります。
この会社のネットワークは「オーブス」や「セントラリティ」、「PUNDI」「CTIA」など、ここ最近流行ったICO、TGEの会社の名前がずらりと並んでいます。

「QRC」もブロックチェーンのコンサルタント会社で、以下の実績がある会社です。

  • 公共ブロックチェーンプロジェクト初のKYC認証システムを構築。
  • 様々なブロックチェーンにAML(アンチマネーロンダリング)の分析サービスを開発しCoinfirm(コインファーム)をサポート。
  • マン島と日本の仮想通貨交換のライセンスを申請。
  • 欧州連合(EU)のEマネー機関のライセンス申請。
  • Regtech(レグテック)とブロックチェーン研究のプロジェクトでマラヤ大学と協力。
  • 「新世代デジタル資産初の市場」として機能するためのKYC組込みスマートコントラクト交換の構築。
  • QRCがサポートしている「Regtech(レグテック)のツールで作られた新しい金融機関」をパートナーや合弁会社と調査。

Wowoo Exchange取り扱い通貨

Wowoo Exchange(ワオーエクスチェンジ)での取り扱い通貨には「BTC」「ETH」「NEO」のメジャーな仮想通貨が主に取り扱われます。

NEP-5(NEO Token標準)も、この仮想通貨取引所でリストアップされるようです。
ネオ系通貨は…

  • DeepBrain Chain(DBC):AIブロックチェーンのコンピューティングプラットフォーム
  • QLINK(QLC):世界初、非中央集権モバイルネットワーク
  • Trinity (TNC):NEO用オフチェーンスケーリングソリューション
  • Red Pulse(RPX):次世代インテリジェンスとコンテンツのエコシステム
  • Zeepin(ZPT):非中央集権クリエイティブニューエコノミー
  • THEKEY(TKY):国家のビッグデータとブロックチェーンを使用した身元確認ツール、非中央集権エコシステム
  • Alphacat(ACAT):AIとビッグデータに基づくロボット・アドバイザー市場
  • Ontology(ONT):非中央集権トラストネットワーク
  • Bridge Protocol(IAM):ブロックチェーン上の安全なデジタルアイデンティティ
  • Narrative(NRV):コンテンツ制作者、モデレーター、インフルエンサーに報酬を与えるソーシャルメディアネットワーク

等です。

Wowooはパブリックブロックチェーンの1つである「NEO」上で技術開発を行っているため、Wowooプラットフォームのネイティブトークンの「NEP-5トークン、Wowbit(WWB)」、またプラットフォーム上で発行されるWowooトークンはどれも交換可能となります。

世界トップクラスの仮想通貨市場のイギリスに進出する事で、Wowooプラットフォームの国際的な影響を大きくします。
また世界中のトークンの調整にも大きな影響を与えます。

東南アジアの大都市である「バンコク」と「クアラルンプール」の経済力は、日本・韓国の地方都市の経済力を上回っております。

WWXトークンの役割

  • WWXペア暗号通貨取引
  • WWXペアで暗号通貨取引をすると取引手数料を50〜100%off
  • WWXを一定以上保有する事で「Wowoo Exchange(ワオーエクスチェンジ)」のアフィリエイトプログラムに参加可能

などです。

WowooプラットフォームやWowoo Exchangeが成長すればするほど、WWXトークンの利用者が増えます。
需要が増えれば、さらに価値は上がりますので期待度大ですね。

WWXトークンは6月上場予定!ICOは?

WWXトークンは6月に上場を予定しプロジェクトを進めております。

同様のモデルを用いて成功したのは「Binance」です。
「Binance」は2017年に香港で設立された取引所で、わずか1年で世界最大の取引所に成長しました。

Wowooは取引所の開設だけにはとどまらず「Wowooプラットフォーム」や「NEOと協力しエコシステムによる価値向上」を目指してます。この目標が達成された時には多大な恩恵が待っています。

Wowbit(WWB)とWowooプラットフォームを使って作られた全てのトークンは「Wowoo Exchange」取り扱われます。

ヒラタニトレードジャッジ

これは、とてもアツい通貨ですね!他のICOも良いものが沢山ありますが、群を抜いて高評価であり、実現性も高いと思います。

サイトデザインが良いのでプラットフォーム自体の質もかなり良いもの、使いやすいものになるかと予想されます。

安心して投資できる材料が沢山ありますので、オススメです!


WWXトークン最新情報は私のラインアットで配信

させていただきます。
お気軽にご登録くださいませ(^_^