ゾディアック取引所はBITTREX(ビットレックス)取引所が新しく作る取引所です。

このゾディアック取引所で発光される独自通貨「ZDCトークン」で支払うユーザーは標準料金から20%の割引となります。
その為、非常に安定した価値が保てるトークンとなるのではないでしょうか。

 

非常に優秀なコンセプトですのでICO開始の際は、
私のラインアットでアナウンスさせていただきますので
お気軽にご登録くださいませ(*^_^*)

 

Zodiac(ゾディアック)のコンセプト

ゾディアック取引所は仮想通貨市場を長期的な目線で考えるというコンセプトの取引所です。

これまでの仮想通貨取引所は「市場の急速な成長」「規制の強化」より新しい投資家の参入に壁を作っています。

結果としてサービス水準も低くなり、法的責任も生まれる可能性があります。

Zodiac(ゾディアック)の目指すもの

ゾディアック(Zodiac)は以下の4つの企業が立ち上げる取引所です。

  • BITTREX(ビットレックス):米国にある仮想通貨取引所で2017年の収益6億ドル、収益率は85%になり、1日の取引金額は総額5億ドル以上です。今現在は200種類以上の仮想通貨にを取り扱っています。
  • INVEST.COM(インベスト・ドット・コム):世界中に120人の従業員がいます。小売のオンライン・マーケティング、顧客獲得や質の高いサービスの経験豊富もつ公認従来型の資産取引プラットフォームです。5カ国で200人の従業員を抱え2016年の年間収益金額は5000万ドル。登録のクライアント数300万人居ます。年間取引件数は800万件以上もあり年間取引金額は120億ドルと実績も十分です。
  • COINTREE(コインツリー):Kin(キン)、Orbs(オーブス)、Stox(ストック)など仮想通貨に詳しい方なら誰でも聞いた事がある名前がずらりと並んだトークン生産チームです。トークン・セール/クラウド・ファンディング運営なども手がけています。ビジネス開発やコミュニティ管理、仮想通貨のエコシステム構築の専門知識を活用し2017年にはトークンセールとクラウド・ファンディングで2億5千万ドル以上の調達に成功。世界トップ10のICO4件を実施しました。仮想通貨スペース(Kik)にも参入。
  • SINGULARITEAM(シングラリチーム):資本・追加支援サービスを提供することで、テクノロジーベースの企業の開発を目的とした民間の仮想通貨ファンドです。2015年と2016年にイスラエルで最も活動的なファンドとして表彰されました。ブロックチェーンとSagaやSirinなどは有名です。

以上の「仮想通貨の知識」と「取引プラットフォームの知識」で協力しあう事により、世界一の仮想通貨取引所を目指しているのがゾディアックです。

最高レベルの取引サービス・安定性・コンプライアンス・最先端のセキュリティを保証するように構築を目指します。

Zodiac(ゾディアック)取引所の特徴

ゾディアック取引所の特徴はとしては創立メンバーがすでに経験者という所がかなりの強みとなるのではないでしょうか。

ビットレックスのエンジンがベースに。

まず1つとしてBittrex(ビットレックス)の取引エンジンをベースにして作られるように設計されていますので軽快に取引できるかと思います。顧客の本人確認・マネーロンダリング防止のプロセスはBittrexで使われていた自動監視システムを使うようです。

初心者投資家を保護する為に。

ゾディアックの仮想通貨取引商品は「Invest.com」の技術とノウハウを元に作られます。

Invest.comの「Simple取引プラットフォーム」は、初心者の目線で作られておりリスクを最小限に抑えます。
これによって新規参入者を参入障壁を格段に下げていきます。
初心者は経験を積む事によって「プロ専用のプラットフォーム」に移行することも可能です。

大量の仮想通貨取扱

ゾディアックは大量の仮想通貨を取り扱う事が予想されています。
これによって集客の幅も広がり購入したい通貨を自由に購入する事ができます。

サイトの特徴

今までの仮想通貨取引所は初心者が気軽に取り扱えるようなものでは無かったというのが欠点です。
ゾディアック初心者投資家のための取引用UI(ユーザーインターフェイス)を作り、新規参入しやすいようにシンプルな設計にします。

またどのレベルのユーザーがでも満足でるようなフル機能プラットフォームも作ります。
パソコンだけでなくスマホでも簡単に、直感的に取引していけるようなプラットフォームを提供していきます。

将来的にAndroid/IOSネイティブのアプリケーションの提供すを目指し「ドイツ語、フランス語、ロシア語」など多言語サポートも追加していきます。

手数料モデル

ゾディアックの手数料はホワイトペーパーバージョン2によると以下の通りです。

  • ①取引手数料:この手数料はどの取引でも発生します。市場ポジション(メーカー/入札者)を基準に算出されますので、 必要に応じてカスタマイズされた「料金表」と「取引量」で算出された段階制度となっています。
  • ②引き出し手数料:引き出しの方法によって、引き出し手数料が発生します。
  • ③掲載手数料:特定のトークンをゾディアックの取扱リストに掲載する場合に掲載手数料を払う事で掲載できます。
  • ④借入手数料:マージン・レバレッジ取引(限度額)に一定の手数料が必要になります。手数料は色々な通貨で支払い可能になります。ゾディアック取引所の「ZDCトークン」で支払うユーザーは標準料金から20%の割引となります。

オンチェーン

ゾディアックはブロックチェーン技術を使い分散型の決算法を開発していく予定です。

現時点、今までのブロックチェーンの規模と能力により、この計画はどうなるか不明ですが、オンチェーンの取引は仮想通貨取引の未来であり必要なものとなります。

ZDCトークンのメカニズム

トークン発行上限

100M、ZDCトークン発行は1億ZDCに厳密に制限します。

ZDCトークンはERC20のネイティブトークンとして開始します。

トークンのメカニズム

  • ①手数料:トレーダーはZDCトークンを使用して取引手数料を支払うことができ、標準手数料の20%割引を受けます。
  • ②プレミアム機能:APIとプレミアム機能を希望する人には一定量のZDCトークンを支払う必要があります。これにより参加者のコミットメントと特別な待遇を受ける事ができます。
  • ③コストの支払い:分散型決済計画ではZDCトークンを取引の実行コスト(イーサリアム付きガスなど)の支払いに使用します。

参照:https://www.zodiacio.com/japanese

ヒラタニトレードジャッジ

これは投資案件としても非常に安心できるのではないでしょうか。ICOが始まりましたら私もゲットします。

バイナンスで使われる「BNBトークン」も安定して上がると予想され、取引所で使われるコインは経験上安定するイメージです。

非常に優秀なコンセプトですのでICO開始の際は、
私のラインアットでアナウンスさせていただきますので
お気軽にご登録くださいませ(*^_^*)

 

(以下おまけです)ゾディアック・カルダノとありますが・・・

また、他のICOで「ゾディアックカルダノ」というものがあるのですが恐らく全く別ものです。

興味ある方は読んでみてください。

動画でのご視聴はこちらより

カルダノってついてるけどADAとは関係ある!?

仮想通貨のZADAトークン。

最近は、かなりコアなICOも調査しています。

しばらくICO記事で埋まってしまいそうなくらいです。

さて、ゾディアックカルダノは、

カルダノと名前がつくだけでやはり少し期待してしまいそうなICOですが、

ぶっちゃけ言いますと全くの詳細不明でした。笑)ADAコインとはなんか関係があるのでしょうかね。

しかしここで引き下がると男がすたるみたいな心境に陥ってしまいそうですので、

簡単に調べてみました。

もちろん追記もしていきます。

かなり良さそうでしたら【私のラインアットにてアナウンスでご紹介】させていただきます。

基本、ラインアットでは需要があるか、

自分が買うものしか紹介させていただいておりません。

つまり高確率で値上げする通貨のみです。

現状のロードマップはこんな感じです。

  • 1月:エアードロップ&バウンティ
  • 2月:リスニングエクスチェンジ…
  • 3月:ウェブサイトの公開
  • 4月:意見を皆に求めるような感じでしょうか

購入方法は?

購入方法につきましては、寄与という形を取っているようです。

直訳ですが…

寄付者は、このフォームを記入して寄付するか、どれくらい寄付したのかを知るようにしなければなりません。また、将来ZADA 1000を受け取る人々には、特別なチームがあります。もし参加したいのであれば、まずは1000人のZADAを持っていなければなりません。一緒に私たちの成功につながります。ご支援いただき、ありがとうございました。私が先に寄付した人のために、私たちの最初のAIRDROP DONT WORRYあなたがボーナスを受け取ることに、その人が寄付することです。

最初に参加した人、つまり寄与した人はボーナスを受け取る事ができるんでしょうかね。

もうすでに受付終了しているみたいです。

Zodiac Cardano (ZADA) Limited for 1500 participants

フォーム「Zodiac Cardano (ZADA) Limited for 1500 participants」の回答の受け付けは終了しました。
間違いであると思われる場合は、フォームのオーナーにお問い合わせください。

ゾディアックのテレグラムはどんな感じ?

いまこの記事を書いている現状でしたら1300人ほどの参加者がおられますが、公式の発信のみで盛り上がっている様子はあまり見受けられません。

まだまだ成長段階みたいですね。

ICO参加者の意見

不安のようです。私は今のところ、この情報量だとパスかな~という印象ですが、もちろんまだまだ可能性はありますので調べます。

3月に上場するようですが、どうなんでしょうか。

もう少し色々と調べてみます。